電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-27 16:25
言説分析へ向けた政治争点の述べ方の類型化 ~ 国会会議録と新聞記事を対象に ~
小橋洋平筑波大
抄録 (和) 本稿では,2011年の党首討論の会議録およびそれを報じた朝日新聞,日本経済新聞の記事を対象に,政治争点を特定する補助的な情報として心的態度と文章論の情報をアノテーションすることの妥当性を論じる.政治争点をテキスト内の情報のみで一意に特定することは難しいが,批判的言説分析(Critical Discourse Analysis)の記述・解釈・説明という3つの段階における記述・解釈に関する情報はテキスト解析で出力可能と考える.ここでは記述の段階としてモダリティ,解釈の段階で連接の概念に着目し,「政治争点候補」と「関連情報」という類型に基づき文節を解析することを目的とする.会議録と新聞記事の観察結果,争点候補の解析では拘束判断を表す多様な語句の特定,関連情報の解析では連接を明らかにするための同義,類義語句の特定が課題となることが示唆された. 
(英) In this study, we observe conference minutes of the Japanese diet and Japanese newspaper articles in order to understand how political issues are expressed. We focus on critical discourse analysis (CDA) and separate analyzing textual construction and social context. Although political issues cannot be identified by only textual construction, it is helpful for the CDA to classify segments into “pseudo-political issue” and “related information” by modality and semantic relations between two segments, which are textual construction. Our observation implies that expressions of deontic judgments and synonyms, which are a main feature for a semantic relation, are various and depend on context.
キーワード (和) 文章解析 / 言説分析 / 談話分析 / モダリティ / / / /  
(英) Text Analysis / Discourse Analysis / Modality / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 NLC TL  
開催期間 2012-10-27 - 2012-10-27 
開催地(和) はこだて未来大学 研究棟R791 
開催地(英) Room R791, Research Bldg., Hakodate Future Univ. 
テーマ(和) 感情・評価・態度 
テーマ(英) Opinion, Sentiment, Emotion, and Human Affect 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2012-10-NLC-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 言説分析へ向けた政治争点の述べ方の類型化 
サブタイトル(和) 国会会議録と新聞記事を対象に 
タイトル(英) Classification of Ways of Stating Political Agendas for Discourse Analysis 
サブタイトル(英) Treating the Minutes of Diet Sessions and Newspapers 
キーワード(1)(和/英) 文章解析 / Text Analysis  
キーワード(2)(和/英) 言説分析 / Discourse Analysis  
キーワード(3)(和/英) 談話分析 / Modality  
キーワード(4)(和/英) モダリティ /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小橋 洋平 / Yohei Kobashi / コバシ ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-27 16:25:00 
発表時間 30 
申込先研究会 NLC 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.267(TL), no.268(NLC) 
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会