お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-27 14:15
[ポスター講演]頭蓋骨損傷が聴覚系に及ぼす影響の一例
佐藤亮祐降旗建治信州大EA2012-71
抄録 (和) 人間が音を認識する上で重要な方向感や距離感といった感覚は,生来備わっている.正常だった聴力が事故や病気などにより突然低下した時,本人の不便を感じる状況や聴覚系について調査する必要がある.本報は,頭蓋骨損傷後に,左耳の難聴を訴えるようになった被験者を対象にして,生理的側面は,頭部CT検査及び研究室で提案した外耳道音響式非侵襲的頭蓋内圧測定診断装置による検査を実施し,心理的側面は,標準純音聴力検査及び音像定位実験を行うことで,聴覚系に及ぼす影響について検討したので報告する. 
(英) A brain contusion is a bruise of the brain that occurs in response to a brain injury or trauma. It was a precious experience for subject A. First, from the physiologic aspects, a CT is preferred over a magnetic resonance (MR) scan because fresh hemorrhages are easier to see. We proposed that intracranial pressure (ICP) to give emergency medical can be assessed using infrasound because tympanic membrane displacement results from the transmission of ICP waves via the cochlear duct to the inner ear and then via the oval window to the auditory ossicles of the middle ear. The relationship between the infrasound pressures from the tympanic membrane (ear canal pressure (ECP)), which is detected using an earplug embedded with a low-frequency microphone, and the carotid artery (carotid artery pressure (CAP)), which is detected using a stethoscope fitted with the same microphone, can be quantitatively characterized using a technique of systems analysis. In this paper, it can be found that the ECP waveform shows a pulsatile recording with a slow respiratory component, which is superimposed on a biphasic recording that, is synchronous with the cardiac cycle. The respiratory ECP waveform correlates with the instantaneous heart rate. Second, from the psychological aspects, we measured the threshold and the sense of direction.
キーワード (和) 聴覚特性 / 非侵襲頭蓋内圧推定法 / 音像定位 / / / / /  
(英) Audio Characteristics / Noninvasive Measurement of Intracranial Pressure / Sound Localization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 266, EA2012-71, pp. 37-42, 2012年10月.
資料番号 EA2012-71 
発行日 2012-10-20 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2012-71

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2012-10-27 - 2012-10-28 
開催地(和) 牛岳温泉リゾート(富山) 
開催地(英) USHIDAKE resort (Toyama) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2012-10-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 頭蓋骨損傷が聴覚系に及ぼす影響の一例 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Influence on the Auditory System Due to a Skull Fracture 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 聴覚特性 / Audio Characteristics  
キーワード(2)(和/英) 非侵襲頭蓋内圧推定法 / Noninvasive Measurement of Intracranial Pressure  
キーワード(3)(和/英) 音像定位 / Sound Localization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 亮祐 / Ryosuke Sato / サトウ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 降旗 建治 / Kenji Furihata / フリハタ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-27 14:15:00 
発表時間 210 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2012-71 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.266 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2012-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会