電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-27 13:25
インタフェースエージェントの印象変化による記憶への影響
久保田剛司大澤英一公立はこだて未来大TL2012-29 NLC2012-28
抄録 (和) 人間と人間のインタラクションでは言語情報の他に,表情やジェスチャーなどの非言語情報がその半分以上を占めていることが明らかにされている.また,感情と記憶は何らかの形で関連していると考えられており,喚起される情動が強いほど,それらの記憶は優れることが明らかにされている.本研究では,人間の感情と記憶の関係について着目し,非言語情報の1 つである感情による表情やジェスチャーを取り入れたインタフェースエージェントを利用し,インタフェースの印象によってユーザの記憶力にどのような影響を与えるのかを調査する.実験では表情やジェスチャーを取り入れたインタフェースエージェントを,学習支援アプリケーションに用いることで,ユーザの記憶力への影響を調査した.男性エージェントの表情あり・表情なしの2 グループでの比較実験を行い,実験終了直後と10 日後に記憶再認課題を行うことで,短期記憶と長期記憶の変化を調査した.その結果,エージェントが特定の表情表出を行った際に,記憶力の向上を示すことができた. 
(英) It is well recognized that not only verbal information, but also nonverbal information including facial expression, gestures, moods play important roles in human communication. Some studies show that the ratio of the nonverbal information occupies more than the half of total information used in human communication. Also, some studies present that emotion has certain effects on human memory. It is said that the stronger expressed level of emotion is, the better memory is. In this paper we study the effect of impression of interface agent to the memory of users. We use interface agent with facial expression and gestures in computer supported learning system, and examine the relationship between facial expression of interface agent and the human memory. The result shows that interface agent with facial expression enhances the memory of human users.
キーワード (和) インタフェース / 感情表出 / 記憶 / / / / /  
(英) interface / expression / memory / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 268, NLC2012-28, pp. 19-24, 2012年10月.
資料番号 NLC2012-28 
発行日 2012-10-20 (TL, NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2012-29 NLC2012-28

研究会情報
研究会 NLC TL  
開催期間 2012-10-27 - 2012-10-27 
開催地(和) はこだて未来大学 研究棟R791 
開催地(英) Room R791, Research Bldg., Hakodate Future Univ. 
テーマ(和) 感情・評価・態度 
テーマ(英) Opinion, Sentiment, Emotion, and Human Affect 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2012-10-NLC-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インタフェースエージェントの印象変化による記憶への影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effects of impression change of interface agents to human memory 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) インタフェース / interface  
キーワード(2)(和/英) 感情表出 / expression  
キーワード(3)(和/英) 記憶 / memory  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 剛司 / Tsuyoshi Kubota / クボタ ツヨシ
第1著者 所属(和/英) 公立はこだて未来大学 (略称: 公立はこだて未来大)
Future University-Hakodate (略称: Future Univ.-Hakodate)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大澤 英一 / Ei-ichi Osawa / オオサワ エイイチ
第2著者 所属(和/英) 公立はこだて未来大学 (略称: 公立はこだて未来大)
Future University-Hakodate (略称: Future Univ.-Hakodate)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-27 13:25:00 
発表時間 30 
申込先研究会 NLC 
資料番号 IEICE-TL2012-29,IEICE-NLC2012-28 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.267(TL), no.268(NLC) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2012-10-20,IEICE-NLC-2012-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会