お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-27 14:15
[ポスター講演]生理的側面から見た楽音の高周波空気振動成分の影響
百瀬翔太降旗建治信州大EA2012-69
抄録 (和) 人間の可聴域上限を超える高周波成分が可聴音と共存することで,人間の心理・生理面に様々な良い影響を与える効果(ハイパーソニック・エフェクト)があるという報告がされている.本報では自律神経系の活動に注目し,自律神経機能のバランス指標となるLF/HFと,脳波α波を指標として,両者を比較することで楽音中に含まれる高周波成分が生理的側面におよぼす影響を検討した.その結果両方の指標において,高周波が共存する楽音提示中は提示前と比べてよりリラックス状態になり,高周波を除外した楽音提示中は提示前と比べてよりストレス状態になるという傾向が示された.よってこれらふたつの指標には整合性があり,高周波成分による自律神経系への影響も,生理に様々な影響をおよぼすハイパーソニック・エフェクトのうちのひとつの効果なのではないかということが考えられる.またこれより,高周波成分による脳内の状態の変化を呼吸器系の変動から推測できる可能性が示唆される. 
(英) The hypersonic effect suggests that the existence of a previously unrecognized response to complex sound containing particular types of high frequencies above the audible range. Concretely, the existence of inaudible high-frequency components above 20kHz affects psychological and physiological state of human. In this report, it is discussed that influence of inaudible high-frequency components of the musical sounds on autonomic nervous system with taking LF/HF, which reflects autonomic nervous activities, and α-EEG as physiological indices. As a result, the compatible tendency of variability between LF/HF and α-EEG power was found and it is considered that influence of inaudible high-frequency components on autonomic nervous system is one of the hypersonic effect. From the results, a possibility that variability of brain state could be surmised by variability of respiratory system is suggested.
キーワード (和) ハイパーソニック・エフェクト / 自律神経系 / LF/HF / 脳波α波 / / / /  
(英) Hypersonic Effect / Autonomic nervous system / LF/HF / α-EEG / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 266, EA2012-69, pp. 25-30, 2012年10月.
資料番号 EA2012-69 
発行日 2012-10-20 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2012-69

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2012-10-27 - 2012-10-28 
開催地(和) 牛岳温泉リゾート(富山) 
開催地(英) USHIDAKE resort (Toyama) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2012-10-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 生理的側面から見た楽音の高周波空気振動成分の影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Physiological Effects of High-Frequency Components of the Musical Sounds 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハイパーソニック・エフェクト / Hypersonic Effect  
キーワード(2)(和/英) 自律神経系 / Autonomic nervous system  
キーワード(3)(和/英) LF/HF / LF/HF  
キーワード(4)(和/英) 脳波α波 / α-EEG  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 百瀬 翔太 / Shota Momoze / モモゼ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 降旗 建治 / Kenji Furihata / フリハタ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-27 14:15:00 
発表時間 210 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2012-69 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.266 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2012-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会