お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-25 13:50
磁性ナノ粒子薄膜を形成したSQUIDの閾値特性と共振ステップ
伊藤 大奥村崇之谷口壮耶赤池宏之藤巻 朗名大SCE2012-19 エレソ技報アーカイブへのリンク:SCE2012-19
抄録 (和) 本誌では、磁性ナノ粒子膜を形成したSQUIDのインダクタンス変化のナノ粒子膜厚依存性及び共振ステップについて述べる。磁性ナノ粒子膜は、平均粒径5nm のFe_{3}O_{4}磁性ナノ粒子溶液の溶媒を蒸発させることにより形成した。SQUIDは、インダクタンス評価用としてワッシャー型を、共振ステップ評価用として縦型を用いた。磁性ナノ粒子膜の膜厚効果を調べたところ、膜厚に比例するインダクタンスの増加があり、最大で19.7%の増加率を得た。また、共振ステップの変化を調べたところ、SQUIDのLC積(SQUIDインダクタンスL、SQUID等価接合容量C)が最大163%増加していることが分かった。 
(英) We present dependence of SQUID inductance variation on nanoparticle film thickness and SQUID resonant steps for SQUIDs with magnetic nanoparticle films. The magnetic nanoparticle films were formed by evaporating the solvent of magnetic nanoparticle solutions where Fe_{3}O_{4} nanoparticles with an average size of 5nm were dispersed. Washer type and vertical type SQUIDs were used for inductance evaluation and resonant step measurement, respectively. Experimental results showed that SQUID inductance increased with the thickness of nanoparticle films, becoming as high as 19.7 %. We also found that the LC product of SQUIDs was increased up to 163 % by preparing nanoparticle films in measurement of resonance steps of SQUID, where L and C are SQUID inductance and equivalent capacitance, respectively.
キーワード (和) 磁性ナノ粒子 / Fe3O4 / SQUID / インダクタンス / LC積 / / /  
(英) Magnetic nanoparticle / Fe3O4 / SQUID / inductance / LC product / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 262, SCE2012-19, pp. 13-18, 2012年10月.
資料番号 SCE2012-19 
発行日 2012-10-18 (SCE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SCE2012-19 エレソ技報アーカイブへのリンク:SCE2012-19

研究会情報
研究会 SCE  
開催期間 2012-10-25 - 2012-10-25 
開催地(和) 機械振興会館地下3階1号室 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 超伝導エレクトロニクス基盤技術、一般 
テーマ(英) Fundamental Technologies for Superconducting Electronics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SCE 
会議コード 2012-10-SCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 磁性ナノ粒子薄膜を形成したSQUIDの閾値特性と共振ステップ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Threshold characteristics and resonance steps of SQUIDs with magnetic nanoparticle films 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 磁性ナノ粒子 / Magnetic nanoparticle  
キーワード(2)(和/英) Fe3O4 / Fe3O4  
キーワード(3)(和/英) SQUID / SQUID  
キーワード(4)(和/英) インダクタンス / inductance  
キーワード(5)(和/英) LC積 / LC product  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 大 / Hiroshi Ito / イトウ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 崇之 / Takayuki Okumura / オクムラ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 壮耶 / Soya Taniguchi / タニグチ ソウヤ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤池 宏之 / Hiroyuki Akaike / アカイケ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤巻 朗 / Akira Fujimaki / フジマキ アキラ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-25 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SCE 
資料番号 IEICE-SCE2012-19 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.262 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SCE-2012-10-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会