お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-19 14:30
インテリジェント宅内エネルギー管理システムのためのエネルギー制約下のリヤプノフ安定解析
ウマル サハル丹 康雄リム アズマンオスマン北陸先端大USN2012-51
抄録 (和) 宅内エネルギー管理システム(HEMS)は、家電機器作動の監視および管理を担っており、一連の要求に応じたエネルギーの負荷配分を行う。家電機器の増加に伴い、宅内電力消費の逼迫による停電リスクが増し、その結果、HEMSは不安定なものとなる。本論文では、リヤプノフアプローチを用いたエネルギー消費のHEMSによる安定性をモデル化し、さらに,エネルギー制約下におけるHEMSによる安定性についての検討を行った。 
(英) Home energy management system (HEMS) is responsible for monitoring and managing the operation of in-home appliances, and providing load shifting according to a set of requirements. As more and more in-home appliances are increased, the energy consumption in home leads an increase in the risk of power blackout. Consequently, the HEMS becomes an unstable system. In this paper, we model the stability of HEMS of energy consumption using Lyapunov approach. We also study the stability of our HEMS in the presence of the energy constraint.
キーワード (和) 宅内エネルギー管理システム / リヤプノフ安定 / エネルギープロファイル / 電力消費 / / / /  
(英) Home energy management system / Lyapunov stability / energy profile / energy consumption / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 242, USN2012-51, pp. 131-135, 2012年10月.
資料番号 USN2012-51 
発行日 2012-10-10 (USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード USN2012-51

研究会情報
研究会 SR AN USN RCS  
開催期間 2012-10-17 - 2012-10-19 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク、一般 
テーマ(英) wireless distributed network, general topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 USN 
会議コード 2012-10-SR-AN-USN-RCS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) インテリジェント宅内エネルギー管理システムのためのエネルギー制約下のリヤプノフ安定解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Lyapunov Stability Analysis of Energy Constraints for Intelligent Home Energy Management System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 宅内エネルギー管理システム / Home energy management system  
キーワード(2)(和/英) リヤプノフ安定 / Lyapunov stability  
キーワード(3)(和/英) エネルギープロファイル / energy profile  
キーワード(4)(和/英) 電力消費 / energy consumption  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ウマル サハル / Umer Saher / ウマル サハル
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 丹 康雄 / Yasuo Tan / タン ヤスオ
第2著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) リム アズマンオスマン / Lim Azman Osman / リム アズマンオスマン
第3著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-19 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 USN 
資料番号 IEICE-USN2012-51 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.242 
ページ範囲 pp.131-135 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-USN-2012-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会