電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-19 09:50
日本におけるTVホワイトスペースの見積もり
石津健太郎村上 誉原田博司NICT
抄録 (和) 本稿では,筆者らがこれまでに開発したホワイトスペースデータベースを用い,公式な統計情報等を参照した上で,米国FCCの規則に準じて,日本のTVホワイトスペースを分析した.その結果,チャネルの周波数が高くなるにつれ二次利用可能な割合が高くなる傾向にあり,29チャネルより周波数が高いチャネルでは平均して70%以上の割合で二次利用が可能であることが分かった.さらに,隣接する複数のチャネルを連続して使用する場合,11%の割合で2チャネル連続したチャネルが,5%の割合で4チャネル連続したチャネルが二次利用可能であることが分かった. 
(英) In this paper, The TV White Space in Japan is evaluated using White Space Database that the authors have developed, referring to official statistics, according to U.S. FCC regulations on the database. As a result, it was revealed that the number of available channels for the secondary use in Japan increases as channel frequency goes higher. More than 70% of channels above channel 29 are available for the secondary use. Furthermore, 11% of consecutive 2 channels and 5% of consecutive 4 channels are available on average for the secondary use.
キーワード (和) TVホワイトスペース / データベース / / / / / /  
(英) TV white space / database / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 240, SR2012-69, pp. 195-202, 2012年10月.
資料番号 SR2012-69 
発行日 2012-10-10 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR AN USN RCS  
開催期間 2012-10-17 - 2012-10-19 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク、一般 
テーマ(英) wireless distributed network, general topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2012-10-SR-AN-USN-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 日本におけるTVホワイトスペースの見積もり 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimation of TV White Space in Japan 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) TVホワイトスペース / TV white space  
キーワード(2)(和/英) データベース / database  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石津 健太郎 / Kentaro Ishizu / イシヅ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) NICT (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 誉 / Homare Murakami / ムラカミ ホマレ
第2著者 所属(和/英) NICT (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 博司 / Hiroshi Harada / ハラダ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) NICT (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-19 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2012-69 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.240 
ページ範囲 pp.195-202 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2012-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会