電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-19 15:20
On Improvement of the ICI Canceller for OFDM Mobile DTV Receiver
Hai Minh TranTomohisa WadaUniv. of The RyukyusRCS2012-156
抄録 (和) In mobile environment, the performance of OFDM
mobile receivers is degraded severely because of Inter-Carrier-
Interference (ICI) caused by Doppler Spread. Therefore, ICI
canceller is an important task for the OFDM mobile receivers. [1]
and [2] proposed an efficient method to reduce ICI. The main
idea of this method is to linearly approximate time varying
channel within one OFDM symbol. Then a large ICI matrix
equation is given. However, in [1], [2], the estimated values of the
channel transfer function.the diagonal of the ICI matrix is
corrupted by ICI. Consequently, the equalized signal still is
distorted. In this paper, we proposed an iterative method to
improve performance of the original method. We implemented
Jacobi iteration method with low complexity to solve the large
ICI matrix equation. Next, at second iteration of Jacobi method,
we improve the diagonal by removing ICI power from pilot
symbols and re-estimating the channel transfer function.
Simulation results for ISDB-T mode 3 demonstrated that our
method could double performance of the original method under
TU-6 channel and Doppler Spread. The improvement is better
for two paths and one path Doppler channel. 
(英) In mobile environment, the performance of OFDM
mobile receivers is degraded severely because of Inter-Carrier-
Interference (ICI) caused by Doppler Spread. Therefore, ICI
canceller is an important task for the OFDM mobile receivers. [1]
and [2] proposed an efficient method to reduce ICI. The main
idea of this method is to linearly approximate time varying
channel within one OFDM symbol. Then a large ICI matrix
equation is given. However, in [1], [2], the estimated values of the
channel transfer function.the diagonal of the ICI matrix is
corrupted by ICI. Consequently, the equalized signal still is
distorted. In this paper, we proposed an iterative method to
improve performance of the original method. We implemented
Jacobi iteration method with low complexity to solve the large
ICI matrix equation. Next, at second iteration of Jacobi method,
we improve the diagonal by removing ICI power from pilot
symbols and re-estimating the channel transfer function.
Simulation results for ISDB-T mode 3 demonstrated that our
method could double performance of the original method under
TU-6 channel and Doppler Spread. The improvement is better
for two paths and one path Doppler channel.
キーワード (和) OFDM / Jacobi Iteration / Inter-Carrier-Iterference / / / / /  
(英) OFDM / Jacobi Iteration / Inter-Carrier-Iterference / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 239, RCS2012-156, pp. 179-184, 2012年10月.
資料番号 RCS2012-156 
発行日 2012-10-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2012-156

研究会情報
研究会 SR AN USN RCS  
開催期間 2012-10-17 - 2012-10-19 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク、一般 
テーマ(英) wireless distributed network, general topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-10-SR-AN-USN-RCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Improvement of the ICI Canceller for OFDM Mobile DTV Receiver 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(2)(和/英) Jacobi Iteration / Jacobi Iteration  
キーワード(3)(和/英) Inter-Carrier-Iterference / Inter-Carrier-Iterference  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Hai Minh Tran / Hai Minh Tran /
第1著者 所属(和/英) University of The Ryukyus (略称: 琉球大)
University of The Ryukyus (略称: Univ. of The Ryukyus)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Tomohisa Wada / Tomohisa Wada /
第2著者 所属(和/英) University of The Ryukyus (略称: 琉球大)
University of The Ryukyus (略称: Univ. of The Ryukyus)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-19 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-156 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.239 
ページ範囲 pp.179-184 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2012-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会