電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-19 17:10
モバイルアドホックネットワークにおけるモビリティとデンシティを変化させるネットワークモデル
松金宏樹角田良明広島市大
抄録 (和) モバイルアドホックネットワーク(以下,MANET)において,ノードの移動速度や移動方向(以下,モビリティ),ノードの分布密度(以下,デンシティ)が,時間的,空間的に変化するネットワーク環境に適応したルーティングプロトコルが必要である.
そのようなルーティングプロトコルの性能評価を行うために,ネットワークシミュレータを用いて,仮想的なMANET環境を構築して性能評価を行う方法が一般的である.
しかしながら,Random Waypointモデルのようなノードの移動モデルでは,ノードのモビリティやデンシティは時間的、空間的にランダムであり、ノードのモビリティやデンシティの偏った変化に対して評価することができない.
そこで本稿では,各エリアにおけるノードのモビリティやデンシティを,シミュレーション経過時間に応じて,ユーザが任意に変化することのできるネットワークモデルを提案する.
また,ルーティングプロトコルの性能評価を行う上での指標とするための,各エリアにおけるノードのモビリティやデンシティの変化率を算出する.
そして,提案法によるノードの移動パターンをルーティングプロトコルに適応してシミュレーション実験を行うことで提案法の有効性を評価する. 
(英) Mobile ad hoc networks need routing protocols which are adaptive to network environments
where node mobility and node density change with time and space. In order to evaluate
such routing protocols, simulation experiments using the randam waypoint are usually
conducted. However, since node movement and node placement that obey that model are
random in time and space, respectively, it is impossible to evaluate routing protocols
in the environments of biased node mobility and node density. In order to solve this problem,
first, this paper proposes a new network model, in which users can change node mobilty
and node density at any time and any area as simulation time goes on. Next, this paper
defines change rate of node mobility and node density in each area as a new metric for
evaluation of routing protocols. Finally, this paper presents simulation results for routing
protocols which are adaptive to network environments of biased node mobility and node
density to show effectiveness of the proposed network model.
キーワード (和) モバイルアドホックネットワーク / ネットワークモデル / モビリティ / デンシティ / ルーティングプロトコル / / /  
(英) Mobile Ad Hoc Network / Network Model / Mobility / Density / Routing Protocol / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 241, AN2012-43, pp. 107-112, 2012年10月.
資料番号 AN2012-43 
発行日 2012-10-10 (AN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR AN USN RCS  
開催期間 2012-10-17 - 2012-10-19 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク、一般 
テーマ(英) wireless distributed network, general topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AN 
会議コード 2012-10-SR-AN-USN-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイルアドホックネットワークにおけるモビリティとデンシティを変化させるネットワークモデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Network Model for Changing the Mobility and Density in Mobile Ad Hoc Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイルアドホックネットワーク / Mobile Ad Hoc Network  
キーワード(2)(和/英) ネットワークモデル / Network Model  
キーワード(3)(和/英) モビリティ / Mobility  
キーワード(4)(和/英) デンシティ / Density  
キーワード(5)(和/英) ルーティングプロトコル / Routing Protocol  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松金 宏樹 / Hiroki Matsukane / マツカネ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 角田 良明 / Yoshiaki Kakuda / カクダ ヨシアキ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-19 17:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AN 
資料番号 IEICE-AN2012-43 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.241 
ページ範囲 pp.107-112 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AN-2012-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会