お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-19 13:50
動的電圧・周波数スケーリングに向けた動きベクトル検出アルゴリズムとこれを適用した低電力動きベクトル検出プロセッサの開発
榎本忠儀小林伸彰中大VLD2012-53 SIP2012-75 ICD2012-70 IE2012-77 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2012-70
抄録 (和) 動的電圧・周波数スケーリング(Dynamic Voltage and Frequency Scaling;DVFS)技術を適用した動きベクトル検出(ME)プロセッサを90-nm CMOS技術を用いて開発した。DVFSの電力削減効果を最大限に引き出すために、信号処理量を予測できるAdaptively Assigned Breaking-off Condition (A2BC)と呼ぶ高速MEアルゴリズムを開発した。A2BCアルゴリズムは符号化対象マクロブロック毎に最適動きベクトルを高速に検出すると共に、MEプロセッサへ供給する最適電圧(VD)と最適クロック周波数(fc)を予め予測することができるアルゴリズムである。本MEプロセッサは差分絶対値和回路、DVFS制御回路、最小値検出回路、PLLクロックドライバ、DC/DCレベルコンバータより構成される。DVFS制御とA2BCを併用した結果、本MEプロセッサの消費電力を73.6µWに低減できた。これはDVFS制御を適用しない従来形MEプロセッサの消費電力の1.02% である。 
(英) A motion estimation (ME) processor was developed by employing dynamic voltage and frequency scaling (DVFS) technique to greatly reduce the power dissipation. To make full use of the advantages of DVFS technique, a fast ME algorithm was also developed. It can adaptively predict the optimum supply voltage and the optimum clock frequency before ME process starts for each macro-block for encoding. Power dissipation of the 90-nm CMOS DVFS controlled ME processor, which contained an absolute difference accumulator as well as a small on-chip DC/DC level converter, a minimum value detector and DVFS controller, was reduced to 73.6µW, which was only 1.02% that of a conventional ME processor.
キーワード (和) 動きベクトル検出プロセッサ / 消費電力 / H.264/AVC / DVFS / / / /  
(英) motion estimation processor / power dissipation / H.264/AVC / DVFS / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 248, IE2012-77, pp. 71-76, 2012年10月.
資料番号 IE2012-77 
発行日 2012-10-11 (VLD, SIP, ICD, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2012-53 SIP2012-75 ICD2012-70 IE2012-77 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2012-70

研究会情報
研究会 IE SIP ICD VLD IPSJ-SLDM  
開催期間 2012-10-18 - 2012-10-19 
開催地(和) ホテルルイズ(盛岡)【変更】 
開催地(英) Hotel Ruiz 
テーマ(和) システムLSIの応用と要素技術、プロセッサ、DSP、画像処理技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2012-10-IE-SIP-ICD-VLD-SLDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動的電圧・周波数スケーリングに向けた動きベクトル検出アルゴリズムとこれを適用した低電力動きベクトル検出プロセッサの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Low Power CMOS Motion Estimation Processor Implementing Dynamic Voltage and Frequency Scaling (DVFS) and Adaptively Assigned Breaking-off Condition (A2BC) Motion Estimation Algorithm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動きベクトル検出プロセッサ / motion estimation processor  
キーワード(2)(和/英) 消費電力 / power dissipation  
キーワード(3)(和/英) H.264/AVC / H.264/AVC  
キーワード(4)(和/英) DVFS / DVFS  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎本 忠儀 / Tadayoshi Enomoto / エノモト タダヨシ
第1著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 伸彰 / Nobuaki Kobayashi / コバヤシ ノブアキ
第2著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-19 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-VLD2012-53,IEICE-SIP2012-75,IEICE-ICD2012-70,IEICE-IE2012-77 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.245(VLD), no.246(SIP), no.247(ICD), no.248(IE) 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2012-10-11,IEICE-SIP-2012-10-11,IEICE-ICD-2012-10-11,IEICE-IE-2012-10-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会