電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-19 13:30
ホワイトスペースを用いた自律分散マルチホップ車車間通信システム(Part2) ~ スペクトラムセンシングおよびホップ間干渉低減 ~
井原 隆クレモ ハリスアルトゥンタシュ オヌル田中英明トヨタIT開発センター)・安藤圭佑吉村 力塚本和也鶴 正人尾家祐二九工大)・大竹賢明北村優行藤井威生電通大
抄録 (和) 本稿は,2012年1-2月にかけて宮崎県美郷町で実施した自律分散マルチホップ車車間通信システムの実証実験における,スペクトラムセンシングとホップ間干渉低減に関する性能評価を報告する.本システムでは,縦列走行を行う3台の車両がホワイトスペースから自律的に制御チャネルを確立し,マルチホップデータ通信を開始する.各車両はスペクトラムセンシング機能を有し,ホワイトスペースを常に把握しつつ,プライマリ信号検出時に適切なチャネルへ切り替えて通信を継続する.本研究は2部構成で報告を行い,Part 1でホワイトスペースにおけるチャネル制御機能について述べ,Part 2で,スペクトラムセンシング機能とホップ間干渉低減技術について述べる.本実証実験においてスペクトラムセンシング機能を各車両に実装し,複数台の車両間の時刻同期ずれを防ぐために設計した送信停止時間を検証した上で,適切なセンシング時間とデータ通信時間を求めた.一方,マルチホップ通信におけるホップ間干渉を避けるための偏波・隣接チャネル間隔についても検証した.最後に,検証結果から本実証実験のスループットを示した. 
(英) This paper presents a distributed autonomous multi-hop vehicle-to-vehicle (V2V) communication system over TV white space implemented in Miyazaki in January and February 2012. To evaluate the system we carried out field experiments with three vehicles. In Part 1 of our report we explained how the vehicles autonomously establish control channel using white space, and then begin two-hop communication. In Part 2 we focus on the design of spectrum sensing system and adjacent hop interference reduction. Each vehicle individually uses sensing to obtain information on white space availability, and shares this information with all other vehicles over the control channel. If a primary user is detected in any of the borrowed channels, the vehicles switch to a vacant channel without disrupting the ongoing multi-hop communication. In the experiments, we adjust appropriate parameters of quiet period for sensing to balance two requirements: to avoid false alarms due to insufficiently accurate time synchronization between the vehicles, and to achieve higher channel utilization. To reduce interference between different hops we adjust antenna polarization. Finally, we measure throughput using obtained sensing parameters and antenna polarization.
キーワード (和) ホワイトスペース / コグニティブ無線 / スペクトラムセンシング / マルチホップ車車間ネットワーク / / / /  
(英) White Space / Cognitive Radio / Spectrum Sensing / Multi-hop Vehicle to Vehicle Communications / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 240, SR2012-71, pp. 211-217, 2012年10月.
資料番号 SR2012-71 
発行日 2012-10-10 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR AN USN RCS  
開催期間 2012-10-17 - 2012-10-19 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク、一般 
テーマ(英) wireless distributed network, general topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2012-10-SR-AN-USN-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ホワイトスペースを用いた自律分散マルチホップ車車間通信システム(Part2) 
サブタイトル(和) スペクトラムセンシングおよびホップ間干渉低減 
タイトル(英) Distributed Autonomous Multi-Hop Vehicle-to-Vehicle Communication System over White Space (part2) 
サブタイトル(英) Spectrum sensing and adjacent hop interference reduction 
キーワード(1)(和/英) ホワイトスペース / White Space  
キーワード(2)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio  
キーワード(3)(和/英) スペクトラムセンシング / Spectrum Sensing  
キーワード(4)(和/英) マルチホップ車車間ネットワーク / Multi-hop Vehicle to Vehicle Communications  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井原 隆 / Yutaka Ihara / イハラ ユタカ
第1著者 所属(和/英) トヨタIT開発センター (略称: トヨタIT開発センター)
Toyota InfoTechnology Center (略称: TOYOTA ITC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) クレモ ハリス / Haris Kremo / クレモ ハリス
第2著者 所属(和/英) トヨタIT開発センター (略称: トヨタIT開発センター)
Toyota InfoTechnology Center (略称: TOYOTA ITC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) アルトゥンタシュ オヌル / Onur Altintas / アルトゥンタシュ オヌル
第3著者 所属(和/英) トヨタIT開発センター (略称: トヨタIT開発センター)
Toyota InfoTechnology Center (略称: TOYOTA ITC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 英明 / Hideaki Tanaka / タナカ ヒデアキ
第4著者 所属(和/英) トヨタIT開発センター (略称: トヨタIT開発センター)
Toyota InfoTechnology Center (略称: TOYOTA ITC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 圭佑 / Keisuke Ando / アンドウ ケイスケ
第5著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KyuTech)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉村 力 / Chikara Yoshimura / ヨシムラ チカラ
第6著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KyuTech)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 和也 / Kazuya Tsukamoto / ツカモト カズヤ
第7著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KyuTech)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 鶴 正人 / Masato Tsuru / ツル マサト
第8著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KyuTech)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾家 祐二 / Yuji Oie / オイエ ユウジ
第9著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KyuTech)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 大竹 賢明 / Masaaki Ohtake / オオタケ マサアキ
第10著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 優行 / Masayuki Kitamura / キタムラ マサユキ
第11著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 威生 / Takeo Fujii / フジイ タケオ
第12著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-19 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2012-71 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.240 
ページ範囲 pp.211-217 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SR-2012-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会