電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-19 13:30
Radio-On-Demand WLAN用Wake-up受信機に対するDuty-Cyclingの影響に関する一検討
木村貴寿長谷川晃朗ATR)・四方博之関西大)・湯 素華ATR)・伊藤哲也NEC通信システム)・大橋正良ATRRCS2012-152
抄録 (和) 無線LANアクセスポイント(AP)の省電力化を実現するため,Radio-On-Demand (ROD) Wireless LAN(WLAN)が提案されている.ROD WLANのAPは,帰属している端末(STA)との通信が一定時間行われない場合,自動的にスリープ状態に遷移する.STAはユーザからの通信要求に応じてWake-up信号を送信し,これをAPに搭載されたWake-up受信機が受信することでAPのオンデマンド起動を行なう.Wake-up受信機はSTAから送信されるWake-up信号のフレーム長を検出することでWake-up要求の有無を判断する.本稿では,ROD WLANのWake-up受信機による無線LANフレーム長検出処理に対して,稼動/非稼動を制御するDuty-Cyclingを導入することで,Wake-up受信機のさらなる省電力化を試みる.Duty-Cyclingを適用することによる消費電力削減効果を実環境における無線LANのトレースデータを用いて評価する.また,Duty-Cyclingの適用によるWake-up率(False Positive,False Negative)への影響を評価し,Duty-Cyclingの有効性について検証する. 
(英) We have proposed Radio-On-Demand (ROD) Wireless LAN (WLAN) in order to reduce energy wastefully consumed by WLAN AP. In ROD, each AP is transited to a sleep mode while there is no associated user. Each STA transmits a wake-up signal upon communications demands, which is received by a wake-up receiver installed into each ROD AP. The wake-up receiver detects each WLAN frame length and identifies the presence of wake-up request. In this paper, we attempt to reduce the energy consumption of wake-up receiver by introducing duty-cycling into the process of frame length detection. The effect of duty-cycling on the power consumption of wake-up receiver is evaluated using the trace data of Wireless LAN traffic in actual environments. Moreover, we also evaluate the influence of duty-cycling parameters on wake-up probabilities (False Positive and False Negative), and investigate the trade-off between wake-up performance and power-consumption of wake-up receiver employing duty-cycling.
キーワード (和) 省電力化 / ウェイクアップ受信機 / 無線LAN / Duty-Cycling / / / /  
(英) Energy Saving / Wake-up Receiver / Wireless LAN / Duty-Cycling / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 239, RCS2012-152, pp. 155-160, 2012年10月.
資料番号 RCS2012-152 
発行日 2012-10-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2012-152

研究会情報
研究会 SR AN USN RCS  
開催期間 2012-10-17 - 2012-10-19 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク、一般 
テーマ(英) wireless distributed network, general topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-10-SR-AN-USN-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Radio-On-Demand WLAN用Wake-up受信機に対するDuty-Cyclingの影響に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Impact of Duty-Cycling on Wake-up Receiver for Radio-On-Demand WLAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 省電力化 / Energy Saving  
キーワード(2)(和/英) ウェイクアップ受信機 / Wake-up Receiver  
キーワード(3)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(4)(和/英) Duty-Cycling / Duty-Cycling  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 貴寿 / Takatoshi Kimura / キムラ タカトシ
第1著者 所属(和/英) 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 晃朗 / Akio Hasegawa / ハセガワ アキオ
第2著者 所属(和/英) 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 四方 博之 / Hiroyuki Yomo / ヨモ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 湯 素華 / Suhua Tang / タン スウファー
第4著者 所属(和/英) 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 哲也 / Tetsuya Ito / イトウ テツヤ
第5著者 所属(和/英) 日本電気通信システム株式会社 (略称: NEC通信システム)
NEC Communication System,Ltd. (略称: NEC Communication System,Ltd.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 大橋 正良 / Masayoshi Ohashi / オオハシ マサヨシ
第6著者 所属(和/英) 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-19 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-152 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.239 
ページ範囲 pp.155-160 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2012-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会