電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-19 10:50
DFT-Precoded OFDMAにおける繰り返し判定帰還チャネル推定を用いたときのLocalized送信とDistributed送信の特性比較
美和啓太東京都市大)・川村輝雄三木信彦NTTドコモ)・佐和橋 衛東京都市大
抄録 (和) Discrete Fourier transform (DFT)-precoded Orthogonal Frequency Division Multiple Access (OFDMA)を用いるシングルキャリア(SC: Single-Carrier)-周波数分割多重アクセス(FDMA: Frequency Division Multiple Access)は,ピーク電力対平均電力比(PAPR: Peak-to-Average Power Ratio)を低く抑えつつ,直交マルチマルチアクセスを実現できる.SC-FDMAの送信法としてLocalized送信とDistributed送信の2つがあるが,Release 8仕様のLong-Term Evolution (LTE)の共有チャネルではLocalized送信のみが採用されている.本稿では,DFT-precoded OFDMAの周波数選択性フェージングチャネルにおける周波数ダイバーシチ効果を増大するために,リソースブロック(RB: Resource Block)ベースのDistributed送信を提案する.さらに,Distributed送信のLocalized送信に対する主な特性劣化要因であるチャネル推定誤差の増大を低く抑えるために繰り返し判定帰還チャネル推定(DDCE: Decision-Directed Channel Estimation)を適用する.サブフレーム内周波数ホッピング(FH: Frequency Hopping)なし,および適用した場合のRBベースのDistributed送信とLocalized送信の平均ブロック誤り率(BLER: Block Error Rate)特性を計算機シミュレーションにより比較評価する.計算機シミュレーション結果より,FHなしの場合に繰り返しDDCEを適用するRBベースのDistributed送信は,Localized送信に比較して目標平均BLERを満たすための所要平均受信SNRを低減できることを示す. 
(英) Single-carrier (SC)-Frequency Division Multiple Access (FDMA) using discrete Fourier transform (DFT)-precoded orthogonal frequency division multiple access (OFDMA) achieves flexible orthogonal multi-access in the frequency domain while retaining a low peak-to-average power ratio (PAPR). Although the two types of transmission schemes are evaluated including localized and distributed transmissions, only the localized transmission is adopted in the shared channel carrying user traffic data in the Release 8 Long-Term Evolution (LTE). This paper proposes distributed transmission with affinity to resource block (RB) based resource assignment in order to gain the frequency diversity effect for DFT-precoded OFDMA in a frequency-selective fading channel. We apply iterative decision-directed channel estimation (DDCE) to the RB based distributed transmission to decrease the channel estimation (CE) error, which is a major impairment to distributed transmission. We present a comparison based on the average block error rate (BLER) performance levels between the RB based distributed and localized transmission schemes without and with intra-subframe frequency hopping (FH). Through extensive simulation evaluations, we show the effectiveness of the RB based distributed transmission associated with the iterative DDCE in decreasing the required average received SNR satisfying the target average BLER compared to the localized transmission.
キーワード (和) シングルキャリアFDMA / distributed送信 / localized送信 / 周波数ダイバーシチ / チャネル推定 / / /  
(英) single-carrier FDMA / distributed transmission / localized transmission / frequency diversity / channel estimation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 239, RCS2012-148, pp. 131-136, 2012年10月.
資料番号 RCS2012-148 
発行日 2012-10-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR AN USN RCS  
開催期間 2012-10-17 - 2012-10-19 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク、一般 
テーマ(英) wireless distributed network, general topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-10-SR-AN-USN-RCS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) DFT-Precoded OFDMAにおける繰り返し判定帰還チャネル推定を用いたときのLocalized送信とDistributed送信の特性比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Comparisons of Localized and Distributed Transmissions Using Iterative Decision-Directed Channel Estimation in DFT-Precoded OFDMA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シングルキャリアFDMA / single-carrier FDMA  
キーワード(2)(和/英) distributed送信 / distributed transmission  
キーワード(3)(和/英) localized送信 / localized transmission  
キーワード(4)(和/英) 周波数ダイバーシチ / frequency diversity  
キーワード(5)(和/英) チャネル推定 / channel estimation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 美和 啓太 / Keita Miwa / ミワ ケイタ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 輝雄 / Teruo Kawamura / カワムラ テルオ
第2著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三木 信彦 / Nobuhiko Miki / ミキ ノブヒコ
第3著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第4著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-19 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-148 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.239 
ページ範囲 pp.131-136 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2012-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会