電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-19 10:25
OFDMAの周波数選択性フェージングチャネルにおける符号化ブロックサイズおよび周波数ダイバーシチのブロック誤り率への影響の検討
山口達也東京都市大)・三木信彦川村輝雄NTTドコモ)・佐和橋 衛東京都市大
抄録 (和) 本稿では,直交周波数分割多重アクセス(OFDMA: Orthogonal Frequency Division Multiple Access)の周波数選択性フェージングチャネルにおける符号化ブロックサイズおよび周波数ダイバーシチ効果のブロック誤り率(BLER: Block Error Rate)への影響を評価する.計算機シミュレーション結果より,符号化率がR = 1/3のとき,ターボ符号およびRate-Compatible / Quasi-Cyclic (RC/QC)-低密度パリティチェック(LDPC: Low-Density Parity-Check)符号は,符号化ブロックサイズがそれぞれ3,000ビットおよび4,500ビット程度以上で平均BLERの改善の観点から符号化利得がほぼ飽和することを示す.また,Localized送信の場合,周波数選択性フェージングチャネルにおいて,符号化ブロックサイズをさらに増大することにより周波数ダイバーシチ効果が増大し,目標平均BLERを満たすための所要平均受信Signal-to-Noise power Ratio (SNR)を低減できることを示す.さらに,6パスのTypical Urban (TU)およびVehicular-A (VA)チャネルモデルでは,送信帯域幅が約4 MHz程度まで,9パスのExtended TU (ETU)およびExtended VA (EVA)チャネルモデルでは,9 MHz程度まで,周波数ダイバーシチ効果に起因して所要平均受信SNRを低減できることを示す. 
(英) This paper presents the effects of the code block size and frequency diversity on the average block error rate (BLER) performance for coded orthogonal frequency division multiple access (OFDMA) in a frequency-selective fading channel. Computer simulation results show that a sufficient coding gain is obtained when the code block size is greater than approximately 3,000 or 4,500 bits for turbo code or rate-compatible / quasi-cyclic (RC/QC)-low-density parity-check (LDPC) code, respectively, for the rate R = 1/3. We confirm the validity of the frequency diversity effect, i.e., interleaving effect, in the frequency domain using the measure called the normalized frequency mean square covariance (NFMSV). We then show that the required average received signal-to-noise power ratio (SNR) satisfying the target average BLER is decreased by further increasing the code block size, i.e., transmission bandwidth, due to the increasing frequency diversity effect for localized transmission. Moreover, we show that a distinct frequency diversity effect in terms of the required average received SNR is achieved by extending the transmission bandwidth up to approximately 4 or 9 MHz for the 6-path Typical Urban (TU) and ITU Vehicular-A (VA) channel models or 9-path Extended TU (ETU) and Extended VA (EVA) channel models, respectively.
キーワード (和) OFDMA / チャネル符号化利得 / 周波数ダイバーシチ効果 / ターボ符号 / / / /  
(英) OFDMA / channel coding gain / frequency diversity effect / turbo code / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 239, RCS2012-147, pp. 125-130, 2012年10月.
資料番号 RCS2012-147 
発行日 2012-10-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR AN USN RCS  
開催期間 2012-10-17 - 2012-10-19 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク、一般 
テーマ(英) wireless distributed network, general topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-10-SR-AN-USN-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OFDMAの周波数選択性フェージングチャネルにおける符号化ブロックサイズおよび周波数ダイバーシチのブロック誤り率への影響の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effects of Code Block Size and Frequency Diversity on Block Error Rate for Coded OFDMA in Frequency-Selective Fading Channel 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDMA / OFDMA  
キーワード(2)(和/英) チャネル符号化利得 / channel coding gain  
キーワード(3)(和/英) 周波数ダイバーシチ効果 / frequency diversity effect  
キーワード(4)(和/英) ターボ符号 / turbo code  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 達也 / Tatsuya Yamaguchi / ヤマグチ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三木 信彦 / Nobuhiko Miki / ミキ ノブヒコ
第2著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 輝雄 / Teruo Kawamura / カワムラ テルオ
第3著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第4著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-19 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-147 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.239 
ページ範囲 pp.125-130 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2012-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会