電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-19 11:15
半導体赤外線センサを用いた人間の動線トラッキングシステム構成法の研究
河内山和則川島 信中部大)・永瀬和宏旭化成エレクトロニクスUSN2012-48
抄録 (和) 本稿では,人が発する赤外線を半導体赤外線センサによって検出し,その出力信号を解析することにより人間の動線を導出する新たなトラッキングシステムを提案する.
微分信号出力型の焦電センサとは異なる半導体赤外線センサを導入することにより,人の移動停止を含めたあらゆる状態の高精度検出を可能とすると共に,小型・廉価なセンサの採用によって,スケーラブルかつ経済的なシステムの実現を目指している.
動線推定は,空間に人検知領域を複数配置し,アレイセンサ出力信号の論理演算によって,人の存在位置を時々刻々導出するアルゴリズムを開発した.
\\

これらを実証することを目的として定速走行する赤外線電灯の上方に単エレメントおよび4エレメント(2x2)のアレイ化半導体赤外線センサを配置した基本実験系を構築し,これらセンサの諸特性を解明すると共に,提案する動線トラッキング解析アルゴリズムの妥当性を明らかにした.
最終的に,人を移動させた実際的実験も実施し,高いトラッキング精度が得られることを確認した. 
(英) By introducing newly developed infra-red photo diode sensor, the sophisticated system was proposed for tracking human trajectory.
New sensor outputs the signals proportional to its input infra-red energy amount, that is entirely different from well-known pyro-electric sensors, the largest difference is the availability of detection even in the case of human motion stopped.
Sensor network technology makes it possible to construct high accuracy and
economical human trajectory tracking system by using above described sensor.
\\

We constructed the experimental system and clarified the basic characteristics of the sensors which are made on a trial basis including single element type
and arrayed type.
It is also carried out for the human movement and substantiated of high performance of human trajectory tracking through many times of trajectory tracking trials.
キーワード (和) センサネットワーク / 動線トラッキング / 赤外線フォトダイオード / / / / /  
(英) sensor network / human trajectory tracking / infra-red photo diode / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 242, USN2012-48, pp. 113-118, 2012年10月.
資料番号 USN2012-48 
発行日 2012-10-10 (USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード USN2012-48

研究会情報
研究会 SR AN USN RCS  
開催期間 2012-10-17 - 2012-10-19 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク、一般 
テーマ(英) wireless distributed network, general topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 USN 
会議コード 2012-10-SR-AN-USN-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 半導体赤外線センサを用いた人間の動線トラッキングシステム構成法の研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on Human Trajectory Tracking System by using Infra-red Photo Diode Sensors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサネットワーク / sensor network  
キーワード(2)(和/英) 動線トラッキング / human trajectory tracking  
キーワード(3)(和/英) 赤外線フォトダイオード / infra-red photo diode  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河内山 和則 / Kazunori Kohchiyama / コウチヤマ カズノリ
第1著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川島 信 / Makoto Kawashima / カワシマ マコト
第2著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 永瀬 和宏 / Kazuhiro Nagase / ナガセ カズヒロ
第3著者 所属(和/英) 旭化成エレクトロニクス株式会社 (略称: 旭化成エレクトロニクス)
Asahi Kasei Microdevices Corporation (略称: Asahi Kasei Microdevices)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-19 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 USN 
資料番号 IEICE-USN2012-48 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.242 
ページ範囲 pp.113-118 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-USN-2012-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会