電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-19 14:05
既知のトレーニング系列を挿入したシングルキャリアブロック伝送におけるRLSアルゴリズムを用いるチャネル推定
山本哲矢安達文幸東北大
抄録 (和) 本稿では,既知のトレーニング系列(TS)を周期的に挿入したシングルキャリアブロック伝送(TS-SC伝送)における周波数領域等化(FDE)のための周波数領域チャネル推定に関する検討を行っている.TS-SC伝送では,ブロック毎に挿入されているTSを利用してチャネル推定を行うことができるから,チャネル推定のためにパイロットブロックを送信する必要がない.これまで筆者らは,TS-SC伝送を対象に最尤推定に基づく2ステップ周波数領域繰り返しチャネル推定(2ステップCE)を提案してきた.2ステップCEはチャネル推定精度を向上し,理想チャネル推定の場合に近い優れたビット誤り率(BER)特性を達成できることを示してきた.しかし,2ステップCEはフェージング変動への追従能力が問題となる.本稿では,RLSアルゴリズムに基づく周波数領域チャネル推定を提案し,2重(時間及び周波数)選択性フェージングチャネルにおけるBER特性を計算機シミュレーションにより明らかにしている.また,先に提案した2ステップCEと比較している. 
(英) In this paper, we study channel estimation schemes for training sequence inserted single-carrier (TS-SC) block transmission using frequency-domain equalization (FDE). In TS-SC block transmission, since the TS can be utilized for channel estimation, no pilot block is needed. Recently, we have proposed a 2-step frequency-domain iterative channel estimation (2-step CE) for TS-SC block transmission. We showed that it improves the channel estimation accuracy and achieves a bit error rate (BER) performance close to the perfect channel estimation. However, the tracking ability is a problem in 2-step CE. In this paper, we propose RLS-based frequency-domain channel estimation schemes and evaluate by computer simulation the BER performance of TS-SC block transmission with FDE in doubly-selective (time- and frequency-selective) fading channel. The comparison between the proposed RLS-based channel estimation schemes and the previously proposed 2-step CE is also presented.
キーワード (和) シングルキャリア / 周波数領域等化 / 既知系列 / チャネル推定 / RLSアルゴリズム / / /  
(英) Single-carrier / frequency-domain equalization / training sequence / channel estimation / RLS algorithm / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 239, RCS2012-153, pp. 161-166, 2012年10月.
資料番号 RCS2012-153 
発行日 2012-10-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR AN USN RCS  
開催期間 2012-10-17 - 2012-10-19 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク、一般 
テーマ(英) wireless distributed network, general topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-10-SR-AN-USN-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 既知のトレーニング系列を挿入したシングルキャリアブロック伝送におけるRLSアルゴリズムを用いるチャネル推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) RLS-based Channel Estimation for Training Sequence Inserted Single-carrier Block Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シングルキャリア / Single-carrier  
キーワード(2)(和/英) 周波数領域等化 / frequency-domain equalization  
キーワード(3)(和/英) 既知系列 / training sequence  
キーワード(4)(和/英) チャネル推定 / channel estimation  
キーワード(5)(和/英) RLSアルゴリズム / RLS algorithm  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 哲矢 / Tetsuya Yamamoto / ヤマモト テツヤ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 文幸 / Fumiyuki Adachi / アダチ フミユキ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-19 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-153 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.239 
ページ範囲 pp.161-166 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2012-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会