電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-19 14:55
A Fuzzy Q-Learning Based Sensing Policy for Cognitive Radio Systems
Fereidoun H. PanahiTomoaki OhtsukiKeio Univ.
抄録 (和) In a cognitive radio (CR) network, the channel sensing scheme to detect the appearance of a primary user (PU) directly affects the performances of both CR and PU. However, in practical systems, the CR is prone to sensing errors due to inefficient sensing scheme. This may lead to interfering with primary user and low system performance. In this paper, we present a learning based scheme for channel sensing in CR network. Specifically, we formulate the channel sensing problem as a partially observable Markov decision process (POMDP), where the most likely channel state is derived by a learning process called Fuzzy Q-Learning (FQL). The optimal policy is derived by solving the problem. The simulation results show the effectiveness and efficiency of our proposed scheme. 
(英) In a cognitive radio (CR) network, the channel sensing scheme to detect the appearance of a primary user (PU) directly affects the performances of both CR and PU. However, in practical systems, the CR is prone to sensing errors due to inefficient sensing scheme. This may lead to interfering with primary user and low system performance. In this paper, we present a learning based scheme for channel sensing in CR network. Specifically, we formulate the channel sensing problem as a partially observable Markov decision process (POMDP), where the most likely channel state is derived by a learning process called Fuzzy Q-Learning (FQL). The optimal policy is derived by solving the problem. The simulation results show the effectiveness and efficiency of our proposed scheme.
キーワード (和) Cognitive Radio (CR) / channel sensing / partially observable Markov decision process (POMDP) / Reinforcement learning (RL) / Fuzzy Q-Learning (FQL) / / /  
(英) Cognitive Radio (CR) / channel sensing / partially observable Markov decision process (POMDP) / Reinforcement learning (RL) / Fuzzy Q-Learning (FQL) / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 239, RCS2012-155, pp. 173-178, 2012年10月.
資料番号 RCS2012-155 
発行日 2012-10-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR AN USN RCS  
開催期間 2012-10-17 - 2012-10-19 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク、一般 
テーマ(英) wireless distributed network, general topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-10-SR-AN-USN-RCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Fuzzy Q-Learning Based Sensing Policy for Cognitive Radio Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Cognitive Radio (CR) / Cognitive Radio (CR)  
キーワード(2)(和/英) channel sensing / channel sensing  
キーワード(3)(和/英) partially observable Markov decision process (POMDP) / partially observable Markov decision process (POMDP)  
キーワード(4)(和/英) Reinforcement learning (RL) / Reinforcement learning (RL)  
キーワード(5)(和/英) Fuzzy Q-Learning (FQL) / Fuzzy Q-Learning (FQL)  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Fereidoun H. Panahi / Fereidoun H. Panahi /
第1著者 所属(和/英) Keio University (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Tomoaki Ohtsuki / Tomoaki Ohtsuki /
第2著者 所属(和/英) Keio University (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-19 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-155 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.239 
ページ範囲 pp.173-178 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2012-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会