電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-18 09:50
分散MIMOシステムにおけるシャドウイングの空間相関を考慮したチャネル容量に関する一検討
趙 欧村田英一吉田 進京大
抄録 (和) 分散アンテナシステム(DAS)におけるMIMO伝送のチャネル容量改善効果を明確にするために,特にシャドウイングの空間相関を考慮して集中アンテナシステム(CAS)との比較を行う.これまで,DAS-MIMOとCAS-MIMOのチャネル容量についての比較検討が行われているが,シャドウイングの空間相関はほとんど検討されていない.本研究では,シャドウイングの空間相関を考慮したうえで,距離減衰,レイリーフェジングさらにセル間干渉をも考慮したチャネル容量のシミュレーション検討により,DAS-MIMO伝送がCAS-MIMO伝送よりも空間相関シャドウイング環境下においてアウテージ容量を改善できることを示す. 
(英) In order to demonstrate the channel capacity improvement by MIMO transmission techniques in distributed antenna systems (DAS), the channel capacities of both collocated antenna systems (CAS) and DAS are compared assuming spatially correlated shadowing. Lots of studies deal with these channel capacities assuming spatially independent shadowing. In this paper, we compare the characteristics of MIMO channel capacity in CAS and DAS under the effect of distance-dependent path loss, spatially correlated shadowing loss, Rayleigh fading and inter-cell interference. The computer simulation results indicate that, DAS-MIMO transmission can significantly reduce the spatially correlated shadowing loss thus improve the outage capacity compared to CAS-MIMO transmission.
キーワード (和) 空間相関シャドウイング / レイリーフェジング / セル間干渉 / チャネル容量 / / / /  
(英) Spatially correlated shadowing / Rayleigh fading / Inter-cell interference / Channel capacity / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 239, RCS2012-137, pp. 75-80, 2012年10月.
資料番号 RCS2012-137 
発行日 2012-10-10 (RCS, SR, AN, USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR AN USN RCS  
開催期間 2012-10-17 - 2012-10-19 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク、一般 
テーマ(英) wireless distributed network, general topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-10-SR-AN-USN-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分散MIMOシステムにおけるシャドウイングの空間相関を考慮したチャネル容量に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Channel Capacity of Distributed MIMO Systems under the Effect of Spatially Correlated Shadowing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 空間相関シャドウイング / Spatially correlated shadowing  
キーワード(2)(和/英) レイリーフェジング / Rayleigh fading  
キーワード(3)(和/英) セル間干渉 / Inter-cell interference  
キーワード(4)(和/英) チャネル容量 / Channel capacity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 趙 欧 / Ou Zhao / チョウ オウ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 英一 / Hidekazu Murata / ムラタ ヒデカズ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 進 / Susumu Yoshida / ヨシダ ススム
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-18 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-137,IEICE-SR2012-57,IEICE-AN2012-31,IEICE-USN2012-34 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.239(RCS), no.240(SR), no.241(AN), no.242(USN) 
ページ範囲 pp.75-80(RCS), pp.133-138(SR), pp.45-50(AN), pp.39-44(USN) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2012-10-10,IEICE-SR-2012-10-10,IEICE-AN-2012-10-10,IEICE-USN-2012-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会