電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-18 10:15
LTE-Advanced上りCoMPにおける干渉抑圧合成受信器の性能評価
岩井 敬パナソニックモバイル開発研)・武田一樹西尾昭彦パナソニック)・松元淳志二木貞樹パナソニックモバイル開発研
抄録 (和) LTE-Advanced (LTE Release 11)上りリンクでは,協調マルチポイント(CoMP)受信を用いることで受信品質を改善することが検討されている.高い周波数利用効率を得るためにはCoMP受信を適用する複数端末(user equipment: UE)の送信信号を空間多重しなければならない.空間多重された複数UEの信号分離に用いる干渉抑圧合成受信器(interference rejection combining: IRC)では,高精度なチャネル推定値が必要となる.したがって,CoMP受信を行う各受信ポイント(reception point: RP)は,まず,同一周波数に多重されたる複数UEのパイロット信号(de-modulation reference signal: DMRS)から各UEのチャネル応答を分離して高精度に推定し,次に,得られたチャネル推定値を用いて,RPごとに異なるIRCウェイトを乗算する必要がある.しかしながら,DMRSから各UEのチャネル応答を分離するためには,空間多重するUE間の周波数割り当てに制約が必要となる.DMRSの直交性を考慮せずに周波数スケジューリングを行うと,空間多重された各UEのチャネル応答が分離できなくなり,伝送特性が大きく劣化してしまう場合がある.本稿では,多重されたDMRSから複数UEのチャネル応答が分離できない場合の特性劣化を抑圧するIRC受信器を提案する.提案方法では,基地局がDMRSの分離可否を推定し,推定結果に応じてIRC受信に用いる共分散行行列の算出方法を変える.提案方法のシステム性能をSystem level simulation を用いて評価し,提案方法は従来方法に比べて,システムスループットおよびセルエッジユーザスループットを10%以上改善できることを明らかにした. 
(英) Introduction of coordinated multipoint (CoMP) operation is considered to enhance the spectrum efficiency in LTE-Advanced (Release 11) uplink. The multiple user equipments (UEs) within the coordinated cells should be multiplexed on the same frequency to increase spectrum efficiency. The interference rejection combining (IRC) receiver is effective in separating the signals of multiplexed UEs on the same frequency. The IRC receiver requires highly accurate channel estimation of the desired and interfered signals. Hence, the cell to apply the CoMP operation needs to calculate the channel estimation of each UE with high accuracy using the de-modulation reference signal (DMRS) of multiplexing UEs. However, assuming realistic cell specific scheduler, the performance improvement by applying CoMP decreases because the channel estimation accuracy is deteriorated greatly due to collapse the orthogonality relation of DMRS sequences among multiplexing UEs. In this paper, we propose the IRC receiver that changes the covariance matrix estimation method based on whether DMRS sequences can be separated or not. This paper verifies the uplink CoMP performance using the proposed IRC receiver by using system level simulation. The simulation results show that the proposed IRC receiver improves the system performance and cell-edge throughput more than 10% over the conventional IRC receiver.
キーワード (和) LTE-Advanced / 上りリンク / CoMP / 干渉抑圧受信器 / セル間干渉 / DMRS / system level simulation /  
(英) LTE-Advanced / uplink / CoMP / IRC receiver / inter-cell interference / DMRS / system level simulation /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 239, RCS2012-138, pp. 81-86, 2012年10月.
資料番号 RCS2012-138 
発行日 2012-10-10 (RCS, SR, AN, USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR AN USN RCS  
開催期間 2012-10-17 - 2012-10-19 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク、一般 
テーマ(英) wireless distributed network, general topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-10-SR-AN-USN-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LTE-Advanced上りCoMPにおける干渉抑圧合成受信器の性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Interference Rejection Combining Receiver in LTE-Advanced Uplink CoMP 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LTE-Advanced / LTE-Advanced  
キーワード(2)(和/英) 上りリンク / uplink  
キーワード(3)(和/英) CoMP / CoMP  
キーワード(4)(和/英) 干渉抑圧受信器 / IRC receiver  
キーワード(5)(和/英) セル間干渉 / inter-cell interference  
キーワード(6)(和/英) DMRS / DMRS  
キーワード(7)(和/英) system level simulation / system level simulation  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 敬 / Takashi Iwai / イワイ タカシ
第1著者 所属(和/英) 株式会社パナソニックモバイル開発研究所 (略称: パナソニックモバイル開発研)
Panasonic Mobile Communications R&D Lab. Co.,Ltd (略称: PMCRD)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 一樹 / Kazuki Takeda / タケダ カズキ
第2著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 昭彦 / Akihiko Nishio / ニシオ アキヒコ
第3著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松元 淳志 / Atsushi Matsumoto / マツモト アツシ
第4著者 所属(和/英) 株式会社パナソニックモバイル開発研究所 (略称: パナソニックモバイル開発研)
Panasonic Mobile Communications R&D Lab. Co.,Ltd (略称: PMCRD)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 二木 貞樹 / Sadaki Futagi / フタギ サダキ
第5著者 所属(和/英) 株式会社パナソニックモバイル開発研究所 (略称: パナソニックモバイル開発研)
Panasonic Mobile Communications R&D Lab. Co.,Ltd (略称: PMCRD)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-18 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-138,IEICE-SR2012-58,IEICE-AN2012-32,IEICE-USN2012-35 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.239(RCS), no.240(SR), no.241(AN), no.242(USN) 
ページ範囲 pp.81-86(RCS), pp.139-144(SR), pp.51-56(AN), pp.45-50(USN) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2012-10-10,IEICE-SR-2012-10-10,IEICE-AN-2012-10-10,IEICE-USN-2012-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会