電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-17 13:55
Improved CR Spectrum Sensing Performance with Lower ACLR GFDM Signals
Rohit DattaGerhard FettweisTU Dresden
抄録 (和) Generalized Frequency Division Multiplexing (GFDM)
with its flexible pulse shaping filters can provide extremely low out of band
leakage to adjacent legacy channels. This makes it an attractive choice for
a PHY layer of cognitive radios operating in fragmented TV white spaces.
Introducing zero padding to the transmission data block significantly reduces
the said out of band leakage even further. Primary, incumbent signals
can now be protected with a geo-location database query mechanism. Even
then, sensing opportunistic users operating in the same frequency band is
important in cognitive radio operations. In this paper, a simulation based
study has been performed to compare GFDM matched filter based sensing
characteristics with traditional orthogonal frequency division multiplexing
(OFDM) sensing receiver operating characteristic (ROC) curves. Sensing
with a GFDM based cognitive radio receiver shows better sensing performance.
If we incorporate the improved lower ACLR pulse, then the sensing
characteristic curves become even better. 
(英) Generalized Frequency Division Multiplexing (GFDM)
with its flexible pulse shaping filters can provide extremely low out of band
leakage to adjacent legacy channels. This makes it an attractive choice for
a PHY layer of cognitive radios operating in fragmented TV white spaces.
Introducing zero padding to the transmission data block significantly reduces
the said out of band leakage even further. Primary, incumbent signals
can now be protected with a geo-location database query mechanism. Even
then, sensing opportunistic users operating in the same frequency band is
important in cognitive radio operations. In this paper, a simulation based
study has been performed to compare GFDM matched filter based sensing
characteristics with traditional orthogonal frequency division multiplexing
(OFDM) sensing receiver operating characteristic (ROC) curves. Sensing
with a GFDM based cognitive radio receiver shows better sensing performance.
If we incorporate the improved lower ACLR pulse, then the sensing
characteristic curves become even better.
キーワード (和) Cognitive Radio / Flexible PHY / Low ACLR / Opportunistic Access / Spectrum Sensing / / /  
(英) Cognitive Radio / Flexible PHY / Low ACLR / Opportunistic Access / Spectrum Sensing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 240, SR2012-46, pp. 61-66, 2012年10月.
資料番号 SR2012-46 
発行日 2012-10-10 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR AN USN RCS  
開催期間 2012-10-17 - 2012-10-19 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク、一般 
テーマ(英) wireless distributed network, general topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2012-10-SR-AN-USN-RCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improved CR Spectrum Sensing Performance with Lower ACLR GFDM Signals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Cognitive Radio / Cognitive Radio  
キーワード(2)(和/英) Flexible PHY / Flexible PHY  
キーワード(3)(和/英) Low ACLR / Low ACLR  
キーワード(4)(和/英) Opportunistic Access / Opportunistic Access  
キーワード(5)(和/英) Spectrum Sensing / Spectrum Sensing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Rohit Datta / Rohit Datta /
第1著者 所属(和/英) Technische Universitat Dresden (略称: TU Dresden)
Technische Universitat Dresden (略称: TU Dresden)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Gerhard Fettweis / Gerhard Fettweis /
第2著者 所属(和/英) Technische Universitat Dresden (略称: TU Dresden)
Technische Universitat Dresden (略称: TU Dresden)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-17 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2012-46 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.240 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2012-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会