電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-17 13:55
非常時用アドホックネットワークにおける輻輳問題と消費電力を考慮したルーティングに関する検討
古賀雄一郎杉本千佳河野隆二横浜国大
抄録 (和) 近年,既存のインフラに依存せず自律分散的にネットワークを形成するアドホックネットワークが注目されている.アドホックネットワークの用途の一つとして大規模災害発生時等の非常時における通信が考えられている.ここで非常時においても十分なQoSを保証することが課題の一つとして挙げられる.本研究では,非常時用アドホックネットワークにおける輻輳問題と消費電力に着目し,輻輳による伝送遅延の改善とノードの電力消費の分散についての検討を行った.提案方式では予め通信データに優先度をそれぞれに設ける.複数のソースノードからの伝送経路が重複しある中継ノードにおいてデータが滞留し輻輳が発生した場合に,中継ノードが迂回経路を構築し低優先度パケットが迂回経路を用いることで輻輳を緩和し伝送遅延を低減できることを示す.またノードの残存電力を考慮して中継ノードを選択することで,ノードの電力消費を分散できることを示す. 
(英) The ad-hoc network is paid to attention aiming at the achievement of the ubiquitous society. Applications of ad-hoc network are inter-vehicle communication and sensor network and so on. Among them, wireless sensor network is attractive in an emergency such as disasters. In this application, one of the problems is congestion and concentration of energy consumption. In this paper, we pay attention to congestion and energy consumption.And we propose the protocol to improve transmission delay and dispersion of energy consumption for ad-hoc network in an emergency. In this paper, the alternative routes are constructed by using reactive protocol when a node receive a control packet of congestion acknowledge from congestion node. Therefore, it is avoided to overlap of main routes and reduce delay. Additionally, data packets are given priority level and the low priority packet uses alternative route. As a result, the high priority packet such as the urgent and medical data is transmitted low delay. And, We show the dispersion of energy consumption by selecting the relay node considering the remaining power of nodes.
キーワード (和) アドホックネットワーク / ルーティングプロトコル / 輻輳制御 / 消費電力 / / / /  
(英) Ad hoc network / Routing protocol / Congestion Control / Energy consumption / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 241, AN2012-25, pp. 7-12, 2012年10月.
資料番号 AN2012-25 
発行日 2012-10-10 (AN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR AN USN RCS  
開催期間 2012-10-17 - 2012-10-19 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク、一般 
テーマ(英) wireless distributed network, general topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AN 
会議コード 2012-10-SR-AN-USN-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非常時用アドホックネットワークにおける輻輳問題と消費電力を考慮したルーティングに関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on routing considering congestion and energy consumption for Ad-hoc Networks in an Emergency 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / Ad hoc network  
キーワード(2)(和/英) ルーティングプロトコル / Routing protocol  
キーワード(3)(和/英) 輻輳制御 / Congestion Control  
キーワード(4)(和/英) 消費電力 / Energy consumption  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古賀 雄一郎 / Yuichiro Koga / コガ ユウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉本 千佳 / Chika Sugimoto / スギモト チカ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 隆二 / Ryuji Kohno / コウノ リュウジ
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-17 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AN 
資料番号 IEICE-AN2012-25 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.241 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AN-2012-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会