電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-17 09:00
屋内環境における非連続サンプルフレームを用いたオーバーラップFFTによる信号検出特性
内田翔也佐藤顕裕稲森真美子眞田幸俊慶大)・Mohammad Ghavamiロンドンサウスバンク大
抄録 (和) オーバーラップFFTは,ノイズの分散を低減して検出確率を改善するためにダイナミックスペクトラムアクセスにおける信号検出方式として提案されている.しかし,従来のオーバーラップFFTによる検出確率の改善はオーバーラップ率の上限による限界がある.そこで本研究では,追加のフレームを使用した新しいオーバーラップFFT方式を提案する.提案方式では従来のFFTフレームに,非連続的なサンプルにより構成された複数のサブフレームを結合した新しいフレームが追加されている.提案方式では従来方式と比較してFFT出力回数を増加し検出確率を改善することができる.屋内環境を想定したコンピュータシミュレーションによる数値結果では,従来方式に比べ提案方式を使用した場合において検出確率の改善がみられた.また,遅延スプレッドが増加するとフレーム間の相関により検出特性が劣化することが明らかになった. 
(英) Overlapped FFT has been proposed as a signal detection scheme in dynamic spectrum access to reduce the variance of the noise and improve the detection probability.However, the improvement of the detection probability in the conventional overlapped FFT is bounded with the upper limit of the overlap ratio.This report proposes a new overlapped FFT scheme using additional frames.In the proposed scheme, in addition to the conventional FFT frames, new frames that consists of multiple subframes with non-continuous samples are constructed and included.It can realize the increase of the number of FFT outputs and the improvement of the detection probability compared with the conventional scheme.Numerical results through computer simulation on indoor channel models show that the proposed scheme improves the detection probability.In addition, it is clarified that as the delay spread increases the detection probability reduces due to the correlation between the frames.
キーワード (和) コグニティブ無線 / オーバーラップFFT / スペクトルセンシング / / / / /  
(英) Cognitive radio / Overlapped FFT / Spectrum Sensing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 240, SR2012-37, pp. 1-8, 2012年10月.
資料番号 SR2012-37 
発行日 2012-10-10 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR AN USN RCS  
開催期間 2012-10-17 - 2012-10-19 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク、一般 
テーマ(英) wireless distributed network, general topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2012-10-SR-AN-USN-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 屋内環境における非連続サンプルフレームを用いたオーバーラップFFTによる信号検出特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Signal Detection Performance of Overlapped FFT Scheme with Additional Frames consisting of Non-continuous Samples in Indoor Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive radio  
キーワード(2)(和/英) オーバーラップFFT / Overlapped FFT  
キーワード(3)(和/英) スペクトルセンシング / Spectrum Sensing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 翔也 / Shoya Uchida / ウチダ ショウヤ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 顕裕 / Akihiro Sato / サトウ アキヒロ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲森 真美子 / Mamiko Inamori / イナモリ マミコ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞田 幸俊 / Yukitoshi Sanada / サナダ ユキトシ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Mohammad Ghavami / Mohammad Ghavami / モハマド ガバミ
第5著者 所属(和/英) ロンドンサウスバンク大学 (略称: ロンドンサウスバンク大)
London South Bank University (略称: London South Bank Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-17 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2012-37 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.240 
ページ範囲 pp.1-8 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2012-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会