電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-17 10:50
LTE-AdvancedヘテロジーニアスネットワークにおけるCell Range Expansionを適用したときの上下リンクスループット特性評価
森本彰人三木信彦奥村幸彦NTTドコモ
抄録 (和) LTE-Advancedでは,エリアあたりのシステムスループットを改善するために,低速のバックホールによりマクロ基地局に接続され,送信電力の小さいピコ基地局をマクロ基地局に重畳するヘテロジーニアスネットワークが検討されている.ヘテロジーニアスネットワークでは,より多くのユーザ端末(UE: User Equipment)をピコセルに接続し,オフロード効果を増大するために,下りリンクの接続セル選択に用いる参照信号受信電力にオフセットを加えることによりピコセルのセル半径を等価的に増大するCell Range Expansion (CRE)が検討されている.本稿では,CREにおけるオフセット値が上下リンクのユーザスループット特性に与える影響を明確化し,上下リンクのセル端ユーザスループットを最大化するCREオフセット値の設定方法について検討する.シミュレーション結果より,CREオフセット値が8 – 16 dBのとき,下りリンクではピコ基地局に接続するUEに与える干渉を低減するために,マクロ基地局が干渉信号を送信停止するリソース量を適切に制御することにより,セル端ユーザスループットを改善できることを示す.また,上りリンクでは,下りリンクで決定した最適なCREオフセット値(すなわち8 – 16 dB)に応じて,マクロ基地局,ピコ基地局に対してFractional TPC (Transmission Power Control)における目標受信電力を適切に設定することにより,セル端ユーザスループットを改善できることを明らかにする. 
(英) In LTE-Advanced, heterogeneous networks are important to improve further the system throughput per unit area. In heterogeneous network deployment, low power nodes such as femtocells and picocells, which are connected to macrocells via relatively large-latency backhaul, are overlaid onto macrocells. Cell range expansion (CRE), which is a technique for expanding the cell radius of picocells by biasing the reference signal received power in the downlink, is applied to overcome the downlink - uplink imbalance and to obtain an offloading gain. This paper clarifies the impact of the CRE offset value on the user throughput performance in the downlink and uplink, since its effect is different on the links. Furthermore, this paper investigates a method for setting the optimum CRE offset value to maximize the cell-edge user throughput in the downlink and uplink. Simulation results show that when the CRE offset value is set between 8 to 16 dB, the cell-edge user throughput performance can be improved by allocating appropriate resources to protect UEs that connect to the picocells in the downlink. Then, we show that the cell-edge user throughput can be improved by setting the appropriate combination in the target received signal power between the macrocell and picocells according to the CRE offset value, which is decided based on the downlink cell-edge user throughput performance, in the uplink.
キーワード (和) LTE-Advanced / ヘテロジーニアスネットワーク / cell range expansion / セル間干渉コーディネーション / 送信電力制御 / / /  
(英) LTE-Advanced / heterogeneous network / cell range expansion / inter-cell interference coordination / transmission power control / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 239, RCS2012-129, pp. 25-30, 2012年10月.
資料番号 RCS2012-129 
発行日 2012-10-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR AN USN RCS  
開催期間 2012-10-17 - 2012-10-19 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク、一般 
テーマ(英) wireless distributed network, general topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-10-SR-AN-USN-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LTE-AdvancedヘテロジーニアスネットワークにおけるCell Range Expansionを適用したときの上下リンクスループット特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation on Downlink/Uplink Throughput Performance in Heterogeneous Network Employing Cell Range Expansion for LTE-Advanced 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LTE-Advanced / LTE-Advanced  
キーワード(2)(和/英) ヘテロジーニアスネットワーク / heterogeneous network  
キーワード(3)(和/英) cell range expansion / cell range expansion  
キーワード(4)(和/英) セル間干渉コーディネーション / inter-cell interference coordination  
キーワード(5)(和/英) 送信電力制御 / transmission power control  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森本 彰人 / Akihito Morimoto / モリモト アキヒト
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, Inc. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三木 信彦 / Nobuhiko Miki / ミキ ノブヒコ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, Inc. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 幸彦 / Yukihiko Okumura / オクムラ ユキヒコ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, Inc. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-17 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-129 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.239 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2012-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会