電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-17 09:50
大規模MIMO信号検出に関する検討 ~ 繰り返し処理に関するEXIT解析 ~
安孫子卓史福田 航西村寿彦大鐘武雄小川恭孝北大)・大渡裕介岸山祥久NTTドコモ
抄録 (和) 無線通信システムにおける伝送速度の向上のための手法として,MIMO (multiple-input multiple-output) システムがある.近年,MIMO の素子数を100 素子規模に拡大する検討が行われている.しかし,一般の信号検出手法では,最小でも素子数の3 乗オーダーの処理が必要になるため,演算量を削減した手法が検討されている.筆者らは,並列干渉キャンセラを用いた確率伝搬アルゴリズムに基づく検出手法に着目し,素子数の2 乗オーダーで処理が可能であることを示した.本稿では,繰り返し処理における収束特性をEXIT (EXtrinsic Information Transfer) 解析を用いて評価する. 
(英) Multiple-input multiple-output (MIMO) systems are well known as a method to improve the throughput performance. Recently, a concept of massive (or very large) MIMO using an antenna array with an order of 100 elements has been proposed. In general, the complexity order of signal detection in such a MIMO system becomes the third power of the number of antenna elements in the least case. The authors have evaluated the belief propagation based algorithm with parallel interference cancellers and shown that it is implementable in the order of the second power of the number of elements. Here, the extrinsic information transfer analysis is applied to evaluate
the convergence performance.
キーワード (和) MIMO / 空間多重 / 確率伝搬アルゴリズム / EXIT解析 / ソフトキャンセラ / / /  
(英) MIMO / Spatial multiplexing / Belief propagation / EXIT chart analysis / Soft canceller / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 239, RCS2012-127, pp. 13-18, 2012年10月.
資料番号 RCS2012-127 
発行日 2012-10-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR AN USN RCS  
開催期間 2012-10-17 - 2012-10-19 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク、一般 
テーマ(英) wireless distributed network, general topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-10-SR-AN-USN-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模MIMO信号検出に関する検討 
サブタイトル(和) 繰り返し処理に関するEXIT解析 
タイトル(英) A Study on Signal Detection in a Large Scale MIMO System 
サブタイトル(英) An EXIT Chart Analysis of Iterative Processing 
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) 空間多重 / Spatial multiplexing  
キーワード(3)(和/英) 確率伝搬アルゴリズム / Belief propagation  
キーワード(4)(和/英) EXIT解析 / EXIT chart analysis  
キーワード(5)(和/英) ソフトキャンセラ / Soft canceller  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安孫子 卓史 / Takashi Abiko / アビコ タカシ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 航 / Wataru Fukuda / フクダ ワタル
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 寿彦 / Toshihiko Nishimura / ニシムラ トシヒコ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大鐘 武雄 / Takeo Ohgane / オオガネ タケオ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 恭孝 / Yasutaka Ogawa / オガワ ヤスタカ
第5著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 大渡 裕介 / Yusuke Ohwatari / オオワタリ ユウスケ
第6著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸山 祥久 / Yoshihisa Kishiyama / キシヤマ ヨシヒサ
第7著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-17 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-127 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.239 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2012-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会