電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-17 09:50
リアルタイム無線制御ネットワークの実現に向けたプリアンブルレスOFDM通信方式の復調手法
奥井寛樹鈴木 誠李 斗煥森川博之東大
抄録 (和) FA(Factory Automation)用低遅延無線通信システムの実現に向けて,802.11a PHYをベースに送信等化を用いたプリアンブルレスTDD/TDMA OFDM通信方式が提案されている.本稿では,この方式の実現に向けて,プリアンブルレスOFDM信号の復調の際に問題となるサブキャリア累進位相オフセット(Progressive phase rotation:PPR)を補正する手法を示し,またPPR補正の結果を用いてシンボルタイミングオフセット補正を行う手法を示す.さらに,ソフトウェア無線機上での実装とシミュレーションによるAWGN環境下での評価により,本方式はBPSK変調であればプリアンブルを用いた従来方式と同等の特性が得られ,またFFT長の1/8以下のシンボルタイミング同期誤差であれば大きな特性劣化が生じないことを確認した. 
(英) To realize low latency wireless networks for Factory Automation(FA), a preambleless TDD/TDMA OFDM system based on 802.11a PHY may be a good candidate. In this paper, a blind progressive phase rota- tion(PPR) compensation and symbol synchronization algorithm is proposed for the preambleless OFDM system. Experiments on Software Defined Radio(SDR) and simulations show the PER performance is close to those of the theoretical values in an AWGN environment, and the proposed algorithm is robust to symbol timing offset.
キーワード (和) プリアンブルレス / OFDM / 産業用無線ネットワーク / 復調手法 / / / /  
(英) blind receiver / OFDM / Wireless Control Network / demodulation algorithm / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 240, SR2012-39, pp. 15-21, 2012年10月.
資料番号 SR2012-39 
発行日 2012-10-10 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR AN USN RCS  
開催期間 2012-10-17 - 2012-10-19 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク、一般 
テーマ(英) wireless distributed network, general topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2012-10-SR-AN-USN-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リアルタイム無線制御ネットワークの実現に向けたプリアンブルレスOFDM通信方式の復調手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A demodulation Algorithm of Preambleless OFDM System for Real-Time Wireless Control Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プリアンブルレス / blind receiver  
キーワード(2)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(3)(和/英) 産業用無線ネットワーク / Wireless Control Network  
キーワード(4)(和/英) 復調手法 / demodulation algorithm  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥井 寛樹 / Hiroki Okui / オクイ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 誠 / Makoto Suzuki / スズキ マコト
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 斗煥 / Doohwan Lee / リー ドーワン
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森川 博之 / Hiroyuki Morikawa / モリカワ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-17 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2012-39 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.240 
ページ範囲 pp.15-21 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SR-2012-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会