電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-12 15:10
移動性と最大複製回数を考慮したDTNルーティングプロトコル
逸見健太小山明夫山形大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) DTN(Delay / Disruption / Disconnection Tolerant Network)における代表的なルーティングプロトコルであるSpray and Waitは,事前にメッセージ毎の最大複製数を設定する事で複製を抑制している.しかし,事前に適切な最大複製数を設定するのは困難である.また,適切な複製先を選ばないため,データ到達に寄与しないノードへの複製が発生する可能性がある.そこで,本稿では,ネットワークの状況に応じて最大複製数を動的に設定し,中継先を選択する手法を提案する.シミュレーションにより,提案手法の評価を行った結果,従来の手法に比べ配送率が向上したことを確認した. 
(英) The Spray and Wait protocol, which is a typical routing protocol in DTN (Delay / Disruption / Disconnection Tolerant Network), sets a maximum number of replications per message for restricting a number of replications. However, it is difficult to set a maximum number of appropriate replications in advance. Moreover, there is possibility to replicate to nodes that do not contribute to the data arrival, because appropriate replicated nodes are not selected. In this paper, we propose a routing method to dynamically set the maximum number of appropriate replications depending on network situations and to select appropriate relay nodes. We verified by simulation that the proposed method has high packet delivery ratio compared with conventional methods.
キーワード (和) DTN / ルーティングプロトコル / Spray and Wait 手法 / 移動性 / 最大複製回数 / / /  
(英) DTN / Routing protocol / Spray and Wait method / Mobility / Maximum number of replications / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 230, IN2012-108, pp. 185-190, 2012年10月.
資料番号 IN2012-108 
発行日 2012-10-03 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2012-10-10 - 2012-10-12 
開催地(和) 東京大学 山上会館 
開催地(英) Tokyo Univ. Sanjo-Kaikan 
テーマ(和) Resilient Network,ディザスタ・リカバリ,BCP(Business Continuity Plan),臨時ネットワーク構築,省電力ネットワーク技術,TCP/IP,プロトコル,ルーチング,ネットワーク管理,認証/ID管理および一般 
テーマ(英) Resilient Network, Disaster Recovery, BCP(Business Continuity Plan), Temporary Network Construction, Power-Saving Network Technology, TCP/IP, Protocol, Routing, Network Management, Authentication/ID Management, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-10-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 移動性と最大複製回数を考慮したDTNルーティングプロトコル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A DTN Routing Protocol Considering Mobility and Maximum Number of Replication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DTN / DTN  
キーワード(2)(和/英) ルーティングプロトコル / Routing protocol  
キーワード(3)(和/英) Spray and Wait 手法 / Spray and Wait method  
キーワード(4)(和/英) 移動性 / Mobility  
キーワード(5)(和/英) 最大複製回数 / Maximum number of replications  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 逸見 健太 / Kenta Henmi / ヘンミ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 山形大学大学院 (略称: 山形大)
Graduate School of Science and Engineering, Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 明夫 / Akio Koyama / コヤマ アキオ
第2著者 所属(和/英) 山形大学大学院 (略称: 山形大)
Graduate School of Science and Engineering, Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-12 15:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2012-108 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.230 
ページ範囲 pp.185-190 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-10-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会