電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-11 16:00
Experimental Evaluation of Ultra Wideband Wireless Transmission for Replacing Wired Interface Buses in Spacecrafts
Shinichiro HamadaTokyo Denki Univ.)・Atsushi TomikiTomoaki TodaJAXA)・Takehiko KobayashiTokyo Denki Univ.SANE2012-72
抄録 (和) Experimental evaluation of ultra wideband (UWB) wireless transmission was carried out with a view to replacing wired interface buses in spacecrafts. Application of wireless technologies within the spacecrafts could contribute to reduction in cable weight (and launching cost as a result), reduction in the cost of manufacture, more flexibility in layout of spacecraft subsystems, and reliable connections at rotary, moving, and sliding joints. However, multipath propagation in semi-closed conductive enclosures, such as spacecrafts, restricts the link performance. This paper addresses the effects of apertures perforated on the outer surface of satellites on the UWB propagation and transmission for low- (4.2 - 4.8 GHz) and high-band (7.4 - 7.9 GHz) UWB. The larger total area of apertures resulted in lower UWB propagation gains, shorter delay spreads, and (slightly) higher link throughput. 
(英) Experimental evaluation of ultra wideband (UWB) wireless transmission was carried out with a view to replacing wired interface buses in spacecrafts. Application of wireless technologies within the spacecrafts could contribute to reduction in cable weight (and launching cost as a result), reduction in the cost of manufacture, more flexibility in layout of spacecraft subsystems, and reliable connections at rotary, moving, and sliding joints. However, multipath propagation in semi-closed conductive enclosures, such as spacecrafts, restricts the link performance. This paper addresses the effects of apertures perforated on the outer surface of satellites on the UWB propagation and transmission for low- (4.2 - 4.8 GHz) and high-band (7.4 - 7.9 GHz) UWB. The larger total area of apertures resulted in lower UWB propagation gains, shorter delay spreads, and (slightly) higher link throughput.
キーワード (和) ultra wideband / satellite interface bus / radio propagation / wireless transmission / / / /  
(英) ultra wideband / satellite interface bus / radio propagation / wireless transmission / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 229, SANE2012-72, pp. 89-94, 2012年10月.
資料番号 SANE2012-72 
発行日 2012-10-03 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2012-72

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2012-10-10 - 2012-10-12 
開催地(和) The SONGDO CONVENSIA, Incheon Korea 
開催地(英) The SONGDO CONVENSIA, Incheon Korea 
テーマ(和) ICSANE 2012 (International Conference on Space, Aeronautical and Navigational Electronics) 
テーマ(英) ICSANE 2012 (International Conference on Space, Aeronautical and Navigational Electronics) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2012-10-SANE 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Evaluation of Ultra Wideband Wireless Transmission for Replacing Wired Interface Buses in Spacecrafts 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ultra wideband / ultra wideband  
キーワード(2)(和/英) satellite interface bus / satellite interface bus  
キーワード(3)(和/英) radio propagation / radio propagation  
キーワード(4)(和/英) wireless transmission / wireless transmission  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Shinichiro Hamada / Shinichiro Hamada /
第1著者 所属(和/英) Tokyo Denki University (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Atsushi Tomiki / Atsushi Tomiki /
第2著者 所属(和/英) Japan AerospaceExploration Agency (略称: JAXA)
Japan AerospaceExploration Agency (略称: JAXA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Tomoaki Toda / Tomoaki Toda /
第3著者 所属(和/英) Japan AerospaceExploration Agency (略称: JAXA)
Japan AerospaceExploration Agency (略称: JAXA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Takehiko Kobayashi / Takehiko Kobayashi /
第4著者 所属(和/英) Tokyo Denki University (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-11 16:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2012-72 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.229 
ページ範囲 pp.89-94 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2012-10-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会