お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-09-28 10:15
Sparse Superposition Codes with Bernoulli Dictionary
Yoshinari TakeishiMasanori KawakitaJun'ichi TakeuchiKyushu Univ.IT2012-38
抄録 (和) 本論文では,2010年にBarron and Josephによって提案されたスパース重ね合わせ符号に対して,ある拡張を行った場合の評価を行う.オリジナルのスパース重ね合わせ符号は,実数値をとる辞書を用いて符号語を構成する.この符号は,辞書の各要素を正規分布から取り出したとき,ガウス通信路において通信路容量を達成できること
が証明された[Joseph and Barron 2012].我々は,辞書の各要素が独立に等確率で$\pm$ 1をとる場合でも,この符号が通信路容量を達成できることを証明する.これは,Barron and Josephが2010年にした予想の肯定的解決である. 
(英) We study some extension of the sparse superposition codes proposed by Barron and Joseph in 2010. The original sparse superposition codes are designed using a dictionary of codewords which consists of real valued vectors. The codes are proved to achieve rate up to the capacity of the Gaussian channel, when entries of the dictionary are independently drawn from a normal distribution [Barron and Joseph 2010]. We prove that the codes achieve rate up to the capacity, even if entries of the dictionary are independent equiprobable $\pm$ 1 as conjectured by Barron and Joseph in 2010.
キーワード (和) スパース重ね合わせ符号 / 通信路符号化定理 / ガウス通信路 / 中心極限定理 / / / /  
(英) sparse superposition codes / channel coding theorem / Gaussian channel / central limit theorem / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 215, IT2012-38, pp. 41-46, 2012年9月.
資料番号 IT2012-38 
発行日 2012-09-20 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2012-38

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2012-09-27 - 2012-09-28 
開催地(和) 草津セミナーハウス 
開催地(英) Kusatsu Seminar House 
テーマ(和) 誤り訂正符号,一般(誤り訂正符号のワークショップと併催) 
テーマ(英) error correcting codes, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2012-09-IT 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sparse Superposition Codes with Bernoulli Dictionary 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スパース重ね合わせ符号 / sparse superposition codes  
キーワード(2)(和/英) 通信路符号化定理 / channel coding theorem  
キーワード(3)(和/英) ガウス通信路 / Gaussian channel  
キーワード(4)(和/英) 中心極限定理 / central limit theorem  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武石 啓成 / Yoshinari Takeishi / タケイシ ヨシナリ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu Univeristy (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川喜田 雅則 / Masanori Kawakita / カワキタ マサノリ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu Univeristy (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 純一 / Jun'ichi Takeuchi /
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu Univeristy (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-09-28 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2012-38 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.215 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2012-09-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会