お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-09-28 13:50
キャビティ構造を用いたミリ波RFモジュールの小型化
塩崎亮佑中村真木藤田 卓パナソニックMW2012-76 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2012-76
抄録 (和) 近年、ギガビットクラスの大容量データの無線伝送を可能とする技術として60GHz帯を使ったミリ波通信システムが注目されている。ミリ波通信システムをポータブル機器に搭載するためには、モジュールの小型化が必須である。本稿では、キャビティ構造を用いた小型ミリ波RFモジュールの実現を目指し、内層配線で整合回路を形成するための設計精度の向上に取り組んだ。また、IC実装時のミリ波回路の特性変化を解析し、分布定数回路よりも集中定数回路の方が実装時の周波数ずれを抑えられることを示した。提案キャビティ構造を用いたミリ波RFモジュールを試作し、19個のチップ部品を内蔵しながら、10mm x 10mm x 1.15mmの小型形状で給電線路込みのアンテナ利得 6.5dBi、半値角50°以上の放射性能を実現した。1.76Gsps π/2-QPSK変調波で実効放射電力 +10.5dBm、変調精度 -22dBの性能を達成し、IEEE802.11adドラフト規格を満足することを確認した。 
(英) A 60GHz millimeter-wave short range wireless system gains recent interests to realize a high speed data transfer. In order to implement the millimeter-wave system in portable devices, there is a strong demand to miniaturize the RF module. In this paper, a millimeter-wave RF module using cavity structure is investigated. To improve the design accuracy for implementing matching circuits on the inner layer, electric parameters of the board material at 60 GHz are extracted. We also analyze the performance variation due to flip-chip mounting, showing that the lumped circuits are less sensitive in terms of the frequency shift compared to the distributed circuits. The millimeter-wave module using the proposed cavity structure has been fabricated. It integrates 19 external components within 10 mm x 10 mm x 1.15 mm. The antenna gain demonstrates more than 6.5 dBi including signal feeder loss with half power beam width of 50 degree or more. The measured EVM with 1.76 Gsps /2-QPSK modulation is -22 dB at 10.5 dBm EIRP, achieving the requirements of the IEEE802.11ad draft standard.
キーワード (和) ミリ波 / アンテナ一体型モジュール / キャビティ型構造 / / / / /  
(英) Millimeter-wave / Antenna Integrated Module / Cavity Structure / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 217, MW2012-76, pp. 59-64, 2012年9月.
資料番号 MW2012-76 
発行日 2012-09-20 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2012-76 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2012-76

研究会情報
研究会 AP MW  
開催期間 2012-09-27 - 2012-09-28 
開催地(和) KDDI研究所(上福岡) 
開催地(英) KDDI R&D LABS 
テーマ(和) マイクロ波ミリ波,一般 
テーマ(英) Microwave, mm-wave, and others 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2012-09-AP-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) キャビティ構造を用いたミリ波RFモジュールの小型化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Miniaturization of Millimeter-wave RF Module using Cavity Structure 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ミリ波 / Millimeter-wave  
キーワード(2)(和/英) アンテナ一体型モジュール / Antenna Integrated Module  
キーワード(3)(和/英) キャビティ型構造 / Cavity Structure  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩崎 亮佑 / Ryosuke Shiozaki / シオザキ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) パナソニック (略称: パナソニック)
Panasonic (略称: Panasonic)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 真木 / Maki Nakamura / ナカムラ マキ
第2著者 所属(和/英) パナソニック (略称: パナソニック)
Panasonic (略称: Panasonic)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 卓 / Suguru Fujita / フジタ スグル
第3著者 所属(和/英) パナソニック (略称: パナソニック)
Panasonic (略称: Panasonic)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-09-28 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2012-76 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.217 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2012-09-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会