電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-09-28 13:30
SPDYアクセラレータを用いたWebアクセス高速化方式の実装評価
峯木 厳上村郷志長谷川輝之KDDI研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) IETFにおいて現在検討が進められているHTTP/2.0は,Googleが提案した次世代通信プロトコルSPDYをベースに技術仕様を策定することが決定された.SPDYは,Web アクセスの高速化を目的としたプロトコルであり,ドメイン毎にクライアント・サーバ間で1 つのSPDYセッションを確立し,コンテンツの送受信を行う.しかしながら,WebページのメインコンテンツであるHTMLファイルと画像などのサブコンテンツが異なるドメインに分散配置されている場合(以降,マルチドメイン構成)は,複数のSPDYセッションを確立する必要がある.遅延が大きいモバイル環境では,セッションの確立時間がボトルネックとなり,SPDYで十分な高速化を図れない可能性がある.そこで,本稿では,SPDYとキャッシュ技術を組み合わせることで,セッション数の削減を図り,マルチドメイン構成においても高速なWebアクセスを実現する方式を提案する.プロトタイプシステムを用いた評価実験を行った結果,従来のSPDYを用いる場合に比べてページロード時間を3分の1程度に短縮できることを確認した. 
(英) The next-generation protocol SPDY proposed by Google was decided to use as a basis of the technical specification of the HTTP/2.0 protocol which has been studying in the IETF standardization process. SPDY is a protocol to realize high-speed Web access by using SPDY session that has been established between the client and the domain of server for transmitting and receiving content data. However, a popular web site usually consists of multiple contents that are stored on multiple domains. In that case, SPDY must communicate with each domain. Since it takes several seconds for establishing multiple SPDY sessions in mobile environment with high-latency, SPDY would not realize high-speed Web access. In this paper, we propose the system for high-speed Web access in multi-domains by the SPDY accelerator being located between the client and the server. In addition, we show the effectiveness of the proposed method by using the prototype system.
キーワード (和) SPDY / Webコンテンツ配信 / キャッシュ / リバースプロキシ / / / /  
(英) SPDY / web contents delivery / cache / reverse proxy / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, 2012年9月.
資料番号  
発行日 2012-09-20 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA CQ  
開催期間 2012-09-27 - 2012-09-28 
開催地(和) 丸亀町レッツホール(高松市) 
開催地(英) Kagawa pref. Takamatsu-city 
テーマ(和) モバイルネットワーク,モバイルサービスとアプリケーション,マルチメディアコンテンツと配信,およびこれらの品質,一般 
テーマ(英) Mobile network, mobile service and application, multimedia contents and delivery, and their quality, General area 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2012-09-MoMuC-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SPDYアクセラレータを用いたWebアクセス高速化方式の実装評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementation and Performance Evaluation of SPDY Accelerator for Improving Web Access Speed 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SPDY / SPDY  
キーワード(2)(和/英) Webコンテンツ配信 / web contents delivery  
キーワード(3)(和/英) キャッシュ / cache  
キーワード(4)(和/英) リバースプロキシ / reverse proxy  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 峯木 厳 / Gen Mineki / ミネキ ゲン
第1著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上村 郷志 / Satoshi Uemura / ウエムラ サトシ
第2著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 輝之 / Teruyuki Hasegawa / ハセガワ テルユキ
第3著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-09-28 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2012-29 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.219 
ページ範囲 pp.53-57 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MoMuC-2012-09-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会