お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-09-20 13:10
双曲線モデルを用いた道路境界線の検出
西田実可棟安実治國忠世紀関西大SIS2012-21
抄録 (和) 本稿では,車載カメラから撮られた動画像に対して,双曲線モデルを用いて自車両の左右の道路境界線を検出する手法について提案する.提案手法では,双曲線モデルのパラメータ設定を行う際にエッジに基づく中央線検出手法を併用し,適切なパラメータを求めている.さらにエッジに基づく中央線検出手法で問題となった前方車両のエッジの影響を,前方車両が存在するか否かを前方車両のエッジを調べることで判断し,前方車両があるときにはその下端までの結果をつかうことで,回避している.実験結果から,提案手法が従来手法の問題点を改善し,様々な道路環境に有効であることを示す. 
(英) In this paper, we propose a detection method of road boundaries using hyperbolic road model for moving images captured by in-vehicle cameras. The detection method for center lines is used for the parameter estimation of the hyperbolic road model in the proposed method. However, the center line detection method is affected by the edge of the vehicle ahead. To avoid this adverse effect, we detect the existence of the car ahead and the available extent of the detection result of the center line is applied. Experimental results show that good detection performance is obtained for a variety of road environments.
キーワード (和) 双曲線モデル / 車載カメラ / 消失点 / 道路境界線の検出 / / / /  
(英) hyperbolic road model / in-vehicle camera / vanishing point / hyperbolic rdetection of road boundary / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 207, SIS2012-21, pp. 29-34, 2012年9月.
資料番号 SIS2012-21 
発行日 2012-09-13 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2012-21

研究会情報
研究会 SIS IPSJ-AVM  
開催期間 2012-09-20 - 2012-09-21 
開催地(和) 鳥取県関西本部交流室(大阪梅田) 
開催地(英) Tottori Pref. Osaka Office 
テーマ(和) 知的マルチメディアシステム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2012-09-SIS-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 双曲線モデルを用いた道路境界線の検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detection of Road Boundaries Using Hyperbolic Road Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 双曲線モデル / hyperbolic road model  
キーワード(2)(和/英) 車載カメラ / in-vehicle camera  
キーワード(3)(和/英) 消失点 / vanishing point  
キーワード(4)(和/英) 道路境界線の検出 / hyperbolic rdetection of road boundary  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 実可 / Mika Nishida / ニシダ ミカ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 棟安 実治 / Mitsuji Muneyasu / ムネヤス ミツジ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 國忠 世紀 / Seiki Kunitada / クニタダ セイキ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-09-20 13:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2012-21 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.207 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2012-09-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会