お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-09-20 10:20
ヒストグラム均等化に基づくカラー画像強調法
村平宏太田口 亮東京都市大SIS2012-17
抄録 (和) ディジタル映像機器の普及により,ディジタルカラー画像処理に対するニーズが高まっている.特に,カラー画像強調処理はその必要性が高い.本稿では,ヒトの感性に合致したカラー画像強調法を提案する.ヒトが見る自然カラー画像強調の基本は色相を保存し,色分布を色空間内に均等化させることにある.その要求を満たすために,提案法では,RGB色空間からHSI色空間に変換し,ヒトの感性に敏感なH(色相)は保存し,明度に対しては「色空間形状を考慮したヒストグラム均等化法」を施し,彩度に対しては「強調度可変なヒストグラム平坦化」をそれぞれ適用する.彩度強調に対して強調度を可変することで,使用者の好みに合った強調画像を得ることが可能となる.これまで明らかにされている彩度強調を伴うカラー画像強調法との比較を行い,提案法の有効性を明らかにする. 
(英) A novel color image enhancement method in HSI color space is proposed in this paper. If hue is changed then the color gets changed, thereby distorting the image. Therefore, the proposed method performs the processing to saturation and intensity while preserving hue. In color image enhancement, it is necessary to spread signal distribution to the whole of the color space. Thus, the histogram equalization method with considering the shape of color space is applied to intensity of the image. On the other hand, the histogram equalization with variable enhancement degree is applied to saturation of the image. In the proposed method, we can control the enhancement degree by one parameter. It is easy to obtain the subjective desired image by adjusting the parameter. The effectiveness of our method is shown through a lot of examples.
キーワード (和) HSI色空間 / ヒストグラム平坦化 / / / / / /  
(英) HSI color space / histogram equalization / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 207, SIS2012-17, pp. 7-10, 2012年9月.
資料番号 SIS2012-17 
発行日 2012-09-13 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2012-17

研究会情報
研究会 SIS IPSJ-AVM  
開催期間 2012-09-20 - 2012-09-21 
開催地(和) 鳥取県関西本部交流室(大阪梅田) 
開催地(英) Tottori Pref. Osaka Office 
テーマ(和) 知的マルチメディアシステム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2012-09-SIS-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ヒストグラム均等化に基づくカラー画像強調法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Color image enhancement based on histogram equalization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) HSI色空間 / HSI color space  
キーワード(2)(和/英) ヒストグラム平坦化 / histogram equalization  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村平 宏太 / Kota Murahira / ムラヒラ コウタ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田口 亮 / Akira Taguchi / タグチ アキラ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-09-20 10:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2012-17 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.207 
ページ範囲 pp.7-10 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SIS-2012-09-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会