お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-08-31 10:40
DFT-Precoded OFDMAにおけるターボ周波数領域等化および繰り返し判定帰還チャネル推定を用いたときの4アンテナの開ループ型送信ダイバーシチの特性比較
トウ煉軍東京都市大)・川村輝雄NTTドコモ)・田岡秀和ドコモ欧州研)・○佐和橋 衛東京都市大RCS2012-115
抄録 (和) 本稿では,Discrete Fourier transform (DFT)-precoded Orthogonal Frequency Division Multiple Access (OFDMA)を用いるシングルキャリアFDMAにおける4アンテナの開ループ(OL: Open-loop)送信ダイバーシチの平均ブロック誤り率(BLER: Block Error Rate)を比較評価する.第1の候補は,4アンテナの疑似直交(QO: Quasi-Orthogonal) – 空間・時間ブロック符号(STBC: Space-Time Block Code)である.第2の候補は,STBCと時間スイッチ送信ダイバーシチ(TSTD: Time Switched Transmit Diversity) ,あるいは周波数スイッチ送信ダイバーシチ(FSTD: Frequency Switched Transmit Diversity)を組み合わせる送信ダイバーシチである.評価では,ターボ周波数領域等化(FDE: Frequency Domain Equalizer)を用い,さらに,チャネル推定精度を向上し残留コード間干渉を低減するために,繰り返し判定帰還チャネル推定(DFCE: Decision-Feedback Channel Estimation)を適用する.計算機シミュレーション評価より, STBCとTSTDを組み合わせる方法が,QO-STBCに比較して目標BLERを満たす所要平均受信SNRを低減でき,4アンテナのOL送信ダイバーシチ法として適していることを示す. 
(英) This paper presents comprehensive comparisons on the block error rate (BLER) performance of open-loop (OL) transmit diversity schemes with four antennas for discrete Fourier transform (DFT)-precoded Orthogonal Frequency Division Multiple Access (OFDMA). One candidate scheme employs a quasi-orthogonal (QO) - space-time block code (STBC) in which four-branch minimum mean-square error combining (MMSEC) is achieved at the cost of residual inter-code interference (ICI). Another candidate employs a combination of the STBC and selection diversity called time switched transmit diversity (TSTD) or frequency switched transmit diversity (FSTD). We apply a turbo frequency domain equalizer (FDE) associated with iterative decision-feedback channel estimation (DFCE) using soft-symbol estimation to reduce channel estimation (CE) error. The turbo FDE includes an ICI canceller to reduce the influences of the residual ICI for QO-STBC. Based on extensive link-level simulation results, we show that a combination of the STBC and TSTD (FSTD) is suitable as a four-antenna OL transmit diversity scheme for DFT-precoded OFDMA using turbo FDE and iterative DFCE.
キーワード (和) 移動通信 / シングルキャリアFDMA / 送信ダイバーシチ / STBC / ターボ周波数領域等化 / チャネル推定 / /  
(英) Mobile communications / Single-carrier FDMA / Transmit diversity / STBC / Turbo FDE / channel estimation / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 192, RCS2012-115, pp. 115-120, 2012年8月.
資料番号 RCS2012-115 
発行日 2012-08-23 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2012-115

研究会情報
研究会 SAT RCS  
開催期間 2012-08-30 - 2012-08-31 
開催地(和) 高知市文化プラザ かるぽーと 
開催地(英) Kochi City Cultura-Plaza CUL-PORT 
テーマ(和) 移動衛星通信、放送、誤り訂正、無線通信一般 
テーマ(英) Mobile Satellite Communications, Broadcasting, Error Correction, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-08-SAT-RCS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) DFT-Precoded OFDMAにおけるターボ周波数領域等化および繰り返し判定帰還チャネル推定を用いたときの4アンテナの開ループ型送信ダイバーシチの特性比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Comparative Study of Open-Loop Transmit Diversity Schemes with FourAntennas in DFT-Precoded OFDMA Using Turbo FDE and Iterative Channel Estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 移動通信 / Mobile communications  
キーワード(2)(和/英) シングルキャリアFDMA / Single-carrier FDMA  
キーワード(3)(和/英) 送信ダイバーシチ / Transmit diversity  
キーワード(4)(和/英) STBC / STBC  
キーワード(5)(和/英) ターボ周波数領域等化 / Turbo FDE  
キーワード(6)(和/英) チャネル推定 / channel estimation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) トウ 煉軍 / Lianjun Deng / トウ レングン
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 輝雄 / Teruo Kawamura / カワムラ テルオ
第2著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田岡 秀和 / Hidekazu Taoka / タオカ ヒデカズ
第3著者 所属(和/英) ドコモ欧州研究所 (略称: ドコモ欧州研)
DOCOMO Communications Laboratories Europe GmbH (略称: DOCOMO Europe Labs)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第4著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-08-31 10:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-115 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.192 
ページ範囲 pp.115-120 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2012-08-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会