お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-08-30 14:25
[依頼講演]スペクトラム分解/圧縮伝送におけるソフトレプリカを用いた自己スペクトラム再生型等化方式の特性改善
増野 淳阿部順一杉山隆利NTTSAT2012-19 RCS2012-105
抄録 (和) 衛星中継器帯域の有効利用を実現するスペクトラム分解・圧縮伝送では,スペクトル分解(Direct Spectrum Division: DSD)技術によりシングルキャリア変調信号をサブスペクトラムに分解し,送信機で一部のサブスペクトラムを抑圧することで占有帯域幅を圧縮し,受信機では,サブスペクトラム抑圧により生じたシンボル間干渉を,仮復調復号により生成するサブスペクトラムレプリカを用いた自己スペクトラム再生(Autologous Spectrum Regeneration: ASR)型等化方式により補償する.これまではサブスペクトラムレプリカを生成するために硬判定ビットを再符号化・再変調していたため,仮復号結果に誤りを含む際に誤り伝搬を生じる場合があった.本項では,仮復号ビットに対応する尤度から直接レプリカ信号を生成するソフトレプリカ生成法をASR型等化方式に適用し,誤り率特性の改善を図る.計算機シミュレーションにより誤り率特性・等化利得・周波数利用効率について評価を行ったので報告する. 
(英) Direct spectrum division (DSD) and sub-spectrum suppressed transmission are introduced to achieve highly efficient frequency usage on satellite transponder for satellite communication systems. Single-carrier modulated signal is directly divided into sub-spectra by DSD and some sub-spectra are suppressed at the transmitter in order to reduce total occupied bandwidth. At the receiver, since proposed equalization processing with autologous spectrum regeneration (ASR) is iteratively applied, inter symbol interference (ISI) due to the sub-spectrum suppression can be compensated. However, in the previous study, error propagation may occur when including bit error in preliminary decoded bit because hard replica was used to generate sub-spectrum replica by re-encoding and re-modulating hard decision bits. In this paper, we apply soft replica generated directly from likelihood of information bits to solve the problem and to improve the bit error performance. We show the simulation results about bit error performance, equalization gain, and frequency utilization efficiency for our proposal.
キーワード (和) スペクトラム圧縮 / スペクトラム分解 / 繰り返し等化 / フィルタ / / / /  
(英) Sub-spectrum Suppression / Direct Spectrum Division / Iterative Equalization / Filtering / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 192, RCS2012-105, pp. 55-60, 2012年8月.
資料番号 RCS2012-105 
発行日 2012-08-23 (SAT, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2012-19 RCS2012-105

研究会情報
研究会 SAT RCS  
開催期間 2012-08-30 - 2012-08-31 
開催地(和) 高知市文化プラザ かるぽーと 
開催地(英) Kochi City Cultura-Plaza CUL-PORT 
テーマ(和) 移動衛星通信、放送、誤り訂正、無線通信一般 
テーマ(英) Mobile Satellite Communications, Broadcasting, Error Correction, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-08-SAT-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スペクトラム分解/圧縮伝送におけるソフトレプリカを用いた自己スペクトラム再生型等化方式の特性改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Autologous Spectrum Regenerating Equalization Scheme using Soft Replica for Reception Performance Improvement of Sub-spectrum Suppressed Transmission on DSD 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スペクトラム圧縮 / Sub-spectrum Suppression  
キーワード(2)(和/英) スペクトラム分解 / Direct Spectrum Division  
キーワード(3)(和/英) 繰り返し等化 / Iterative Equalization  
キーワード(4)(和/英) フィルタ / Filtering  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 増野 淳 / Jun Mashino / マシノ ジュン
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corp. (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 順一 / Jun-ichi Abe / アベ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corp. (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 隆利 / Takatoshi Sugiyama / スギヤマ タカトシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corp. (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-08-30 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-SAT2012-19,IEICE-RCS2012-105 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.191(SAT), no.192(RCS) 
ページ範囲 pp.7-12(SAT), pp.55-60(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2012-08-23,IEICE-RCS-2012-08-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会