お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-08-30 14:50
[依頼講演]マルチチャネル信号向けのピーク電力抑圧技術
長谷川文大東中雅嗣岡崎彰浩石津文雄三菱電機SAT2012-20 RCS2012-106
抄録 (和) マルチユーザーおよびサービスの多様化のためマルチチャネル伝送が
衛星通信向けに適用されている。しかし、マルチチャネル送信を実施
することにより、送信ピーク電力が上昇するといった問題がある。
本報告では、チャネル同士の送信タイミングを固定的にずらし、送信
ピーク電力を抑える技術を提案する。また提案技術はSC-OFDM(Single
Carrier-Orthogonal Frequency Division Multiplexing)のような
ブロック送信技術にも用いることが可能である。シミュレーション
により、従来技術よりも優れたピーク電力特性が得られることを示す。 
(英) Multiple channel transmission has been implemented in satellite communications due to the increasing demands for multiuser applications. However, multiplexing several single carrier signals increases
transmission peak power. In this paper, we propose a simple
transmission technique which can lower the peak power of the
multichannel signal. The proposed method introduces a fixed
timing offset between multiple channels. We will also show
that the idea presented here can be straightforwardly implemented
in block-based single carrier systems. The simulation results show
that the proposed method can lower peak power compared to the
conventional two-channel transmission.
キーワード (和) ピーク電力 / シングルキャリア送信 / マルチチャネル送信 / / / / /  
(英) Peak Power / Single Carrier Transmission / Multiple Channel Transmission / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 192, RCS2012-106, pp. 61-66, 2012年8月.
資料番号 RCS2012-106 
発行日 2012-08-23 (SAT, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2012-20 RCS2012-106

研究会情報
研究会 SAT RCS  
開催期間 2012-08-30 - 2012-08-31 
開催地(和) 高知市文化プラザ かるぽーと 
開催地(英) Kochi City Cultura-Plaza CUL-PORT 
テーマ(和) 移動衛星通信、放送、誤り訂正、無線通信一般 
テーマ(英) Mobile Satellite Communications, Broadcasting, Error Correction, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-08-SAT-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチチャネル信号向けのピーク電力抑圧技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A novel peak power reduction technique for multi-channel single carrier transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ピーク電力 / Peak Power  
キーワード(2)(和/英) シングルキャリア送信 / Single Carrier Transmission  
キーワード(3)(和/英) マルチチャネル送信 / Multiple Channel Transmission  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 文大 / Fumihiro Hasegawa / ハセガワ フミヒロ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 東中 雅嗣 / Masatsugu Higashinaka / ヒガシナカ マサツグ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 彰浩 / Akihiro Okazaki / オカザキ アキヒロ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石津 文雄 / Fumio Ishizu / イシヅ フミオ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-08-30 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-SAT2012-20,IEICE-RCS2012-106 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.191(SAT), no.192(RCS) 
ページ範囲 pp.13-18(SAT), pp.61-66(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2012-08-23,IEICE-RCS-2012-08-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会