電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-08-28 14:30
線形予測残差を用いた音声合成法に基づくウルフ攻撃に関する検討
林 祥平大木哲史小松尚久甲藤二郎早大
抄録 (和) 本稿では,話者照合システムに対してウルフ攻撃を可能とする音声の作成手法を
提案する.アルゴリズム特有の脆弱性を利用したウルフ攻撃では,照合アルゴリ
ズムへの依存性から自然な生体情報の作成が困難な場合がある.そこで,詐称者
の音声から抽出した線形予測係数と線形予測残差およびウルフテンプレートを用
いたウルフ音声合成手法を提案し,照合アルゴリズムに依存しないウルフ攻撃が
可能であることを示す. 
(英) In this paper, we suggest a method of creation of voice that allows the Wolf attack against speaker recognition system.
The Wolf attacks using the vulnerability of specific algorithms may be difficult to create a natural biological information because of the matching algorithm dependency.
Therefore, we propose the linear predictive coding and LP-residual signal which extracted from voice of swindler and a method of Wolf speech synthesis using the Wolf template and indicate the possibility of Wolf attack that does not depend on the matching algorithm.
キーワード (和) 話者照合システム / ウルフ攻撃 / 音声合成 / / / / /  
(英) speaker recognition system / Wolf attack / speech synthesis / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BioX  
開催期間 2012-08-27 - 2012-08-28 
開催地(和) 早稲田大学 西早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda Univ. Nishiwaseda Campus 
テーマ(和) バイオメトリクス,一般 
テーマ(英) Biometrics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BioX 
会議コード 2012-08-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 線形予測残差を用いた音声合成法に基づくウルフ攻撃に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Wolf attack based on speech synthesis using LP-residual signal 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 話者照合システム / speaker recognition system  
キーワード(2)(和/英) ウルフ攻撃 / Wolf attack  
キーワード(3)(和/英) 音声合成 / speech synthesis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 祥平 / Shohei Hayashi / ハヤシ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大木 哲史 / Tetsushi Ohki / オオキ テツシ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小松 尚久 / Naohisa Komatsu / コマツ ナオヒサ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-08-28 14:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 BioX 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会