電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-08-28 14:00
WolfとLambに対する安全性と最適性を持つ融合判定の理論的考察
村上隆夫高橋健太日立)・松浦幹太東大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 生体認証において,数多くのユーザに対して高い類似度スコアを実現する認証ユーザ,登録ユーザはそれぞれWolf,Lambと呼ばれており,生体認証の安全性を大きく低下させる要因として知られている.本稿では,WolfとLambによる他人受入率を一定値以下に保ちつつ,生体情報の入力回数を最小化することを目的とした逐次的融合判定方式を提案する.まず,スコア分布が完璧に学習できるという条件の下で,提案手法がWAP(Wolf Attack Probability)とLAP(Lamb Accept Probability)を一定値以下に抑えられることを証明する.次に,より理想的な条件の下で,提案手法が持つ生体情報の平均入力回数(ANI:Average Number of Input)の観点での最適性を証明する.最後に,提案手法の安全性と最適性を満たすための条件や,登録時のLamb対策,Anti-spoofingなどの他のWolf,Lamb対策との組合せについて考察を行う. 
(英) Claimants and enrollees who have high similarity scores against many others are known as wolves and lambs, respectively. They can cause false accepts against many others and compromise the security of the system. In this paper, we propose a sequential fusion algorithm for the purpose of keeping the false accept rates caused by wolves and lambs less than the desired value, while minimizing the number of biometric inputs. We first prove that our proposal keeps WAP (Wolf Attack Probability) and LAP (Lamb Accept Probability) less than the desired value if the score distributions are perfectly estimated. We then prove the optimality of our proposal with regard to ANI (the Average Number of Input) under more ideal conditions. We finally discuss the conditions in which the security and optimality of our proposal is satisfied, and the combination of our proposal and other countermeasures such as lamb detection in the enrollment phase and anti-spoofing.
キーワード (和) 生体認証 / Wolf / Lamb / 逐次的融合判定 / WAP / LAP / ANI /  
(英) biometrics / wolves / lambs / sequential fusion / WAP / LAP / ANI /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 BioX  
開催期間 2012-08-27 - 2012-08-28 
開催地(和) 早稲田大学 西早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda Univ. Nishiwaseda Campus 
テーマ(和) バイオメトリクス,一般 
テーマ(英) Biometrics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BioX 
会議コード 2012-08-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) WolfとLambに対する安全性と最適性を持つ融合判定の理論的考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Theoretical Analysis of Optimal Fusion Algorithms with Security against Wolves and Lambs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 生体認証 / biometrics  
キーワード(2)(和/英) Wolf / wolves  
キーワード(3)(和/英) Lamb / lambs  
キーワード(4)(和/英) 逐次的融合判定 / sequential fusion  
キーワード(5)(和/英) WAP / WAP  
キーワード(6)(和/英) LAP / LAP  
キーワード(7)(和/英) ANI / ANI  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 隆夫 / Takao Murakami /
第1著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 健太 / Kenta Takahashi /
第2著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 幹太 / Kanta Matsuura /
第3著者 所属(和/英) 東京大学 生産技術研究所 (略称: 東大)
Institute of Industrial Science, The University of Tokyo (略称: Univ. Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-08-28 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 BioX 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会