お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-07-27 13:50
準天頂衛星LEX信号の強度評価
谷島 潔前田裕昭ライトハウステクノロジー・アンド・コンサルティングSANE2012-43
抄録 (和) 準天頂衛星システム(QZSS)から放送される信号のうち,LEX信号は,1278.75MHz(E6帯)で放送されている実験用信号であり,LEX補強信号を用いたセンチメータ級の測位精度の実現が期待される.本報告では,自社開発したリアルタイムLEXソフトウェア受信機並びにE6 帯が受信可能な3種類のアンテナを用いてLEX信号の復調実験を行った旨を報告する.また復調の結果に基づき,QZSSの仰角に対するC/N0の関係についても検討を行った.実験に続き,LEX信号の強度に関する数値解析を行った.レイリー分布とライス分布を用いた解析により,LEX信号のフレームエラーが発生するC/N0を体系的に求め,実験によって得られたデータとの整合性を確認した. 
(英) LEX signal, an augmentation signal in the 1278.75 MHz band (E6) broadcasted from Quasi-Zenith Satellite System (QZSS), is anticipated to realize fine positioning up to a centimeter level. In this paper, an experiment of receiving and decoding LEX signal using an originally developed real-time software defined LEX receiver with 3 types of antenna is being reported. Based on the results of the experiment, relation between C/N0 to QZSS elevation angle is also considered. Following the experiment, analytical study has been done concerning the power level of the LEX signal. Based on the characteristics of Rayleigh and Rician distribution, Critical C/N0 to cause a frame error has been calculated. The result of the analysis was confirmed to be consistent compared to the result of the experiment.
キーワード (和) QZSS / LEX信号 / ソフトウェア受信機 / 強度評価 / / / /  
(英) QZSS / LEX signal / Software defined receiver / Power level evaluation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 162, SANE2012-43, pp. 13-18, 2012年7月.
資料番号 SANE2012-43 
発行日 2012-07-20 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2012-43

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2012-07-27 - 2012-07-27 
開催地(和) 電子航法研究所 
開催地(英) Navigation, trafic control and general 
テーマ(和) 航法・交通管制及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2012-07-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 準天頂衛星LEX信号の強度評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of the Power Level of LEX Signal from QZSS 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) QZSS / QZSS  
キーワード(2)(和/英) LEX信号 / LEX signal  
キーワード(3)(和/英) ソフトウェア受信機 / Software defined receiver  
キーワード(4)(和/英) 強度評価 / Power level evaluation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷島 潔 / Kiyoshi Yajima / ヤジマ キヨシ
第1著者 所属(和/英) ライトハウステクノロジー・アンド・コンサルティング株式会社 (略称: ライトハウステクノロジー・アンド・コンサルティング)
Lighthouse Technology and Consulting Co. (略称: LHTC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 裕昭 / Hiroaki Maeda / マエダ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) ライトハウステクノロジー・アンド・コンサルティング株式会社 (略称: ライトハウステクノロジー・アンド・コンサルティング)
Lighthouse Technology and Consulting Co. (略称: LHTC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-07-27 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2012-43 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.162 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2012-07-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会