お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-07-27 09:50
再構成通信機における高効率位相変調・RF信号ダイレクト送受信機を用いたWINDS通信実験
矢羽田將友加藤 緑吉川志郎奥居民生渡辺哲也NEC)・米田誠良NEC東芝スペースシステム)・鈴木健治鈴木龍太郎豊嶋守生NICTSAT2012-15
抄録 (和) 本論文では,再構成通信機のさらなる小型高機能化を目的として,これまで開発したダイレクト変復調装置に群遅延イコライザを追加実装し,伝送経路特性の補償を試みた.また,ダイレクト変復調装置をWINDS 衛星を介して接続し,16APSK ダイレクト変復調による衛星疎通試験を行った.その結果,受信側に群遅延イコライザを実装することで,衛星通信経路における群遅延特性を補償できることを実証した.この技術を用いることにより,高い伝送路品質を要求される広帯域16APSK 伝送を衛星通信により実現した. 
(英) Experiment by reconfigurable communication equipment is planned in order to develop the smaller and more efficient satellite unit. This paper describes the two efforts to develop the reconfigurable communication equipment. At first, the equalizer that makes compensation for the group delay was added to the direct-processing transmitter and receiver. As a result, the communication quality was improved. Secondly, the direct-processing transmitter and receiver enable to communicate withWINDS by wide band 16APSK modulation technology.
キーワード (和) 再構成通信機 / 16APSK / ダイレクト変復調 / 群遅延イコライザ / / / /  
(英) Reconfigurable / 16APSK / Direct-Processing Transmitter and Receiver / Group Delay Equalizer / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 150, SAT2012-15, pp. 43-47, 2012年7月.
資料番号 SAT2012-15 
発行日 2012-07-19 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2012-15

研究会情報
研究会 AP SAT  
開催期間 2012-07-25 - 2012-07-27 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 衛星通信,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Satellite Communications, Antennas and Progation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2012-07-AP-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 再構成通信機における高効率位相変調・RF信号ダイレクト送受信機を用いたWINDS通信実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Communication Experiment with WINDS by RF signal Direct-Processing Transmitter and Receiver in high-efficiency modulation for Reconfigurable Communication Equipment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 再構成通信機 / Reconfigurable  
キーワード(2)(和/英) 16APSK / 16APSK  
キーワード(3)(和/英) ダイレクト変復調 / Direct-Processing Transmitter and Receiver  
キーワード(4)(和/英) 群遅延イコライザ / Group Delay Equalizer  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢羽田 將友 / Masatomo Yahata / ヤハタ マサトモ
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 緑 / Midori Kato / カトウ ミドリ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 志郎 / Shiro Yoshikawa / ヨシカワ シロウ
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥居 民生 / Tamio Okui / オクイ タミオ
第4著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 哲也 / Tetsuya Watanabe / ワタナベ テツヤ
第5著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 米田 誠良 / Masayoshi Yoneda / ヨネダ マサヨシ
第6著者 所属(和/英) NEC東芝スペースシステム (略称: NEC東芝スペースシステム)
NTSPACE (略称: NTSPACE)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 健治 / Kenji Suzuki / スズキ ケンジ
第7著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 龍太郎 / Ryutaro Suzuki / スズキ リュウタロウ
第8著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊嶋 守生 / Morio Toyoshima / トヨシマ モリオ
第9著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-07-27 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2012-15 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.150 
ページ範囲 pp.43-47 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SAT-2012-07-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会