お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-07-27 16:25
パッシブレーダにおけるレンジセル移動を考慮した短時間相互相関に基づく長時間積分方式
星野赳寛諏訪 啓中村聖平森田晋一高橋龍平若山俊夫三菱電機SANE2012-47
抄録 (和) パッシブレーダは,放送局など既存の電波源からの送信電波を利用するレーダであり,省電波資源の点に優れる.一般に,同レーダはSNR(Signal to Noise Ratio)が低く,覆域が狭いという問題を抱えており,観測信号の積分によるSNR 改善を必要とする.ここで,信号を時間積分する場合,目標のドップラー周波数に関連する目標の移動量の補償が必要となる.従来では,移動量を多項式近似し,目標移動量の逐次探索的な補償を行っていたが,演算量が大きいという問題を抱えていた.本稿では,同近似のもと,(1)受信信号の短時間相互相関に基づくドップラーフィルタ処理による速度項の一意な高速補償 (2)速度項補償の後に加速度項以上を逐次探索により補償することで,高速かつ精度の高い長時間コヒーレント積分手法を提案する.フィールド試験により,提案方式の有効性を示す. 
(英) Passive bistatic radars (PBRs) exploit existing transmitters for sources of illumination such as TV broadcasts, radio broadcasts and etc, and are good for radiowave resource saving. Generally, PBRs need coherent longtime integration for improvement of SNR (Signal to Noise Ratio), because PBRs obtain low SNR signals. For coherent longtime integration of signals, we must compensate range-migration relative to target movement. In conventional algorithm, it approximates range-migration by polynomial expression, and searches coefficients of the polynomial sequentially. However, the conventional algorithm does not seek to proactively employ the relationship between Doppler frequency and range-migration, and this algorithm takes long time for the compensation. To overcome this problem, this paper proposes a novel coherent longtime integration algorithm that considers relationship between 1st order of range-migration and Doppler frequency by using Doppler filtering process based on short time cross-correlation. Furthermore, the proposed algorithm compensates more than 2nd order of range-migration after doing 1st order of the one for fast and accurate processing. Finally, the result from an experiment verifies the effectiveness of the proposed algorithm.
キーワード (和) バイスタティックパッシブレーダ / レンジマイグレーション / 長時間積分 / コヒーレント積分 / / / /  
(英) Passive Bistatic Radar / Range-Migration / Longtime Integration / Coherent Integration / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 162, SANE2012-47, pp. 37-42, 2012年7月.
資料番号 SANE2012-47 
発行日 2012-07-20 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2012-47

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2012-07-27 - 2012-07-27 
開催地(和) 電子航法研究所 
開催地(英) Navigation, trafic control and general 
テーマ(和) 航法・交通管制及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2012-07-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パッシブレーダにおけるレンジセル移動を考慮した短時間相互相関に基づく長時間積分方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Longtime Integration Algorithm based on Short Time Cross-Correlation Considering Range-Migration for Passive Radar 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バイスタティックパッシブレーダ / Passive Bistatic Radar  
キーワード(2)(和/英) レンジマイグレーション / Range-Migration  
キーワード(3)(和/英) 長時間積分 / Longtime Integration  
キーワード(4)(和/英) コヒーレント積分 / Coherent Integration  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 星野 赳寛 / Takehiro Hoshino / ホシノ タケヒロ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Melco)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 諏訪 啓 / Kei Suwa / スワ ケイ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Melco)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 聖平 / Shohei Nakamura / ナカムラ ショウヘイ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Melco)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 晋一 / Shinichi Morita / モリタ シンイチ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Melco)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 龍平 / Ryuhei Takahashi / タカハシ リュウヘイ
第5著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Melco)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 若山 俊夫 / Toshio Wakayama / ワカヤマ トシオ
第6著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Melco)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-07-27 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2012-47 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.162 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2012-07-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会