お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-07-27 11:45
誘電体導波路を用いたクレッチマン型SPRセンサ
山内潤治・○吉村智哉柴山 純中野久松法政大MW2012-63 OPE2012-56 EST2012-45 MWP2012-44 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2012-63 OPE2012-56 EST2012-45 MWP2012-44
抄録 (和) 誘電体導波路を用いたクレッチマン型表面プラズモン共鳴(SPR)センサの諸特性を,ビーム伝搬法を用いて解析する.
はじめに,金属膜厚及び導波路入射角を変化させ,測定感度が最大となる構造値を決定する.
次に,試料の屈折率の実部もしくは虚部のみが独立して変化する場合を検討する.
反射率の評価により,24nmの波長シフトで約0.75%の実部の屈折率変化を検知できることを示す.
更に,屈折率の実部と虚部が同時に変化する場合のセンシングについても検討する.
最後に,最小反射率付近で生じる,位相変化を用いた場合を検討し,より微小な屈折率変化のセンシングが可能であることを明示する.
±$45^\circ$の位相変化で約±0.012%の実部の屈折率変化を検知できることを明らかにする. 
(英) A Kretschmann-type SPR sensor using a dielectric waveguide is analyzed by the beam-propagation method.
First, we determine the metal film and the angle of incidence to obtain a high sensitivity.
We then treat the case where the real or imaginary part of the refractive index of an analyte is varied independently.
Evaluation of the reflectivity allows us to detect a change of 0.75% in the real refractive index, when the wavelength shifts by 24 nm.
We next consider the case where both the real and imaginary parts varies simultaneously.
To achieve a higher sensitivity, a possibility of employing the phase variation is also investigated.
As a result, a change of ±0.012% in the real refractive index can be detected provided a phase change of ±$45^\circ$ is measured.
キーワード (和) クレッチマン型SPRセンサ / 誘電体導波路 / 表面プラズモン共鳴 / ビーム伝搬法 / / / /  
(英) Kretschmann-type SPR sensor / Dielectric waveguide / Surface plasmon resonance / Beam-propagation method / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 156, OPE2012-56, pp. 221-226, 2012年7月.
資料番号 OPE2012-56 
発行日 2012-07-19 (MW, OPE, EST, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2012-63 OPE2012-56 EST2012-45 MWP2012-44 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2012-63 OPE2012-56 EST2012-45 MWP2012-44

研究会情報
研究会 MWP OPE MW EMT EST IEE-EMT  
開催期間 2012-07-26 - 2012-07-27 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) マイクロ波フォトニクス技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2012-07-MWP-OPE-MW-EMT-EST-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 誘電体導波路を用いたクレッチマン型SPRセンサ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Kretschmann-type SPR sensor using a dielectric waveguides 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クレッチマン型SPRセンサ / Kretschmann-type SPR sensor  
キーワード(2)(和/英) 誘電体導波路 / Dielectric waveguide  
キーワード(3)(和/英) 表面プラズモン共鳴 / Surface plasmon resonance  
キーワード(4)(和/英) ビーム伝搬法 / Beam-propagation method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 潤治 / Junji Yamauchi / ヤマウチ ジュンジ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉村 智哉 / Tomoya Yoshimura / ヨシムラ トモヤ
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴山 純 / Jun Shibayama / シバヤマ ジュン
第3著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 久松 / Hisamatsu Nakano /
第4著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-07-27 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OPE 
資料番号 IEICE-MW2012-63,IEICE-OPE2012-56,IEICE-EST2012-45,IEICE-MWP2012-44 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.155(MW), no.156(OPE), no.157(EST), no.158(MWP) 
ページ範囲 pp.221-226 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2012-07-19,IEICE-OPE-2012-07-19,IEICE-EST-2012-07-19,IEICE-MWP-2012-07-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会