電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-07-22 13:15
[招待講演]Amplitude drops facilitate categorization and discrimination of length contrasts
Shigeto KawaharaRutgers Univ.TL2012-22
抄録 (和) (事前公開アブストラクト) This study begins with two phonological observations: (i) sonorant geminates are disfavored in many phonological systems and (ii) the more sonorous the geminate, the more it is disfavored. Podesva (2000) hypothesizes that the preference against sonorant geminates exists because these geminates are easily confused with corresponding singletons. This confusability problem arises because sonorants have blurry transitions into and out of flanking vowels, and consequently their constriction durations are difficult to perceive. This problem is worse for more sonorous segments. This talk reports perception experiments that test these hypotheses. The stimuli were non-speech sounds that mimicked the spectral properties of geminate contrasts in obstruents and sonorants. The results of the first two experiments show that spectral continuity in sonorants makes the singleton-geminate distinction less distinct. Two follow-up experiments show that length contrasts in sonorants with smaller amplitude drops from the surrounding vowels are harder to perceive. I conclude that the phonological preference against sonorant geminates has its root in the perceptual imperative to avoid segments that are confusable with other segments. 
(英) Kato et al. showed that given streams of sounds, listeners use amplitude changes to demarcate segmental boundaries. This study builds on this result and argues that amplitude changes facilitate categorization and discrimination of consonantal short/long contrasts in intervocalic position. Given non-speech stimuli mimicking VCV-sequences, larger amplitude changes in VC- and CV-transitions improved the perceptibility of the length of C. The result implies that in real speech, short/long contrasts are harder to perceive for more sonorous consonants. This conclusion in turn accords well with the phonological, cross-linguistic observation that geminates of more sonorous consonants are disprefered more strongly in natural languages, instantiating a case of contrast dispersion.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) perception of duration / geminates / short/long contrasts / contrast dispersion / amplitude changes / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 145, TL2012-22, pp. 67-72, 2012年7月.
資料番号 TL2012-22 
発行日 2012-07-14 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2012-22

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2012-07-21 - 2012-07-22 
開催地(和) 山形大学 
開催地(英) Yamagata University 
テーマ(和) 人間の言語処理と学習 
テーマ(英) Language Processing and Learning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2012-07-TL 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Amplitude drops facilitate categorization and discrimination of length contrasts 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / perception of duration  
キーワード(2)(和/英) / geminates  
キーワード(3)(和/英) / short/long contrasts  
キーワード(4)(和/英) / contrast dispersion  
キーワード(5)(和/英) / amplitude changes  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 繁人 / Shigeto Kawahara / カワハラ シゲト
第1著者 所属(和/英) ラトガーズ大学 (略称: ラトガーズ大)
Rutgers University (略称: Rutgers Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-07-22 13:15:00 
発表時間 60 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2012-22 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.145 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2012-07-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会