電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-07-20 10:25
Sensus:Human as a Sensorサービス構築支援ツール
井村和博中澤 仁徳田英幸慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,ネットワーク環境や計算機性能の向上により,様々なセンサを搭載し高速に様々な処理を行える携帯端末が普及し始めている.
また,センサネットワークの分野では,そのような端末を用いて一般市民がセンシングに参加する参加型センシングという新しいパラダイムを迎えている.
本研究では参加者が感じたコンテクストを携帯端末を用いて入力するようなセンシングを「Human as a Sensorセンシング」と定義し,
参加者が提供したデータを集約して何らかの事象を観測するサービスを,エンドユーザが容易に構築できるツールを実現する. 
(英) Recently, smartphones with various sensors, high-performance cpu, and powerful wireless connections, have widely spread in world wide.
Participatory sensing enables individuals to collect sensor data in a daily life through their smartphones for various services, such as environmental monitoring, social network for sports experience and others.
However, end-users can only participate as participants who collects the data for services, because developing these kind of services requires special skills for computer.
This paper presents the tool for developing such services, especially ‘‘Human as a Sensor’’ Services.
‘‘Human as a Sensor’’ Sensing is defined as a part of participatory sensing, where participants actively submits their surrounding context through their smartphones.
キーワード (和) Mobilephone Sensing / Participatory Sensing / Human as a Sensor / / / / /  
(英) Mobilephone Sensing / Participatory Sensing / Human as a Sensor / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 133, USN2012-22, pp. 27-32, 2012年7月.
資料番号 USN2012-22 
発行日 2012-07-12 (USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS NS USN  
開催期間 2012-07-19 - 2012-07-20 
開催地(和) 岩手大学 
開催地(英) Iwate Univ. 
テーマ(和) 有線/無線シームレスネットワーク,ハンドオーバ,リレー,分散MIMO,モバイル・アドホックネットワーク,ユビキタス・センサネットワーク,一般 
テーマ(英) Fixed/Wireless Network, Hand Over, Relay, Distributed MIMO, Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Sensor Network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 USN 
会議コード 2012-07-RCS-NS-USN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Sensus:Human as a Sensorサービス構築支援ツール 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sensus:A Development tool for Human as a Sensor Service 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Mobilephone Sensing / Mobilephone Sensing  
キーワード(2)(和/英) Participatory Sensing / Participatory Sensing  
キーワード(3)(和/英) Human as a Sensor / Human as a Sensor  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井村 和博 / Kazuhiro Imura / イムラ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中澤 仁 / Jin Nakazawa / ナカザワ ジン
第2著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳田 英幸 / Hideyuki Tokuda /
第3著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-07-20 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 USN 
資料番号 IEICE-USN2012-22 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.133 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-USN-2012-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会