お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-07-20 11:20
AESに対する高階差分攻撃における攻撃方程式解法の高速化(II)
井上祐輔北川明伸金子敏信東京理科大ISEC2012-31 SITE2012-27 ICSS2012-33 EMM2012-23
抄録 (和) Fergusonらは部分和法によって,6段AES,7段192・256ビット鍵AESに対して32階差分を用いた高階差分攻撃が可能であることを示している.部分和法では攻撃を高速化するためにmod2頻度分布表の概念を用いており,mod2頻度分布表は全ての鍵候補に対し,Sボックスを参照して作られる.我々はSCIS 2012においてSボックスを参照せずにmod2頻度分布表を直接操作し,各鍵候補のmod2頻度分布表を作ることによって効率的に部分和法を実行する手法を提案した.本稿では,6段AESに対し提案手法を用いた攻撃を計算機実装した結果と,6段AES,7段192・256ビット鍵AESに対し提案手法を適用した場合の計算量を示す.計算機実装の結果,新しい手法はFergusonらの手法よりも約54倍高速化し,計算量は6段AES,7段256ビット鍵AESにおいて,約$2^{-7}$倍になった. 
(英) Ferguson et al. proposed 32-nd higher order differential attacks with partial sum method for 6 and 7 rounds AES. The method uses a concept of mod 2 occurrence table to accelerate the attack. The table is made for every key-candidate by S-box lookup. In SCIS 2012, we proposed an efficient algorithm which directly derives tables for candidate keys from a key-less occurrence table (without S-box lookup). This paper shows an experimental attack using the algorithm for 6 rounds AES, and a theoretical evaluation of computational costs for the attack of 6/7 rounds AES. The experimental results shows that the new algorithm is 54 times faster than Ferguson's partial sum method. Theoretical results shows that the former is $2^7$ times faster than the latter on 6 rounds AES and 7 rounds 256-bit AES.
キーワード (和) ブロック暗号 / AES / 高階差分攻撃 / 攻撃方程式 / 高速解法 / mod2頻度分布表 / /  
(英) block cipher / AES / higher order differential attack / attack equation / fast solving algorithm / mod 2 occurrence table / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 126, ISEC2012-31, pp. 159-166, 2012年7月.
資料番号 ISEC2012-31 
発行日 2012-07-12 (ISEC, SITE, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2012-31 SITE2012-27 ICSS2012-33 EMM2012-23

研究会情報
研究会 EMM ISEC SITE ICSS IPSJ-CSEC IPSJ-SPT  
開催期間 2012-07-19 - 2012-07-20 
開催地(和) 北海道工業大学 
開催地(英)  
テーマ(和) セキュリティ, 一般 
テーマ(英) Security 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2012-07-EMM-ISEC-SITE-ICSS-CSEC-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) AESに対する高階差分攻撃における攻撃方程式解法の高速化(II) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A New Solving Algorithm for Attack Equation of Higher Order Differential Attack on AES (II) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブロック暗号 / block cipher  
キーワード(2)(和/英) AES / AES  
キーワード(3)(和/英) 高階差分攻撃 / higher order differential attack  
キーワード(4)(和/英) 攻撃方程式 / attack equation  
キーワード(5)(和/英) 高速解法 / fast solving algorithm  
キーワード(6)(和/英) mod2頻度分布表 / mod 2 occurrence table  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 祐輔 / Yusuke Inoue / イノウエ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北川 明伸 / Akinobu Kitagawa / キタガワ アキノブ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 敏信 / Toshinobu Kaneko / カネコ トシノブ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-07-20 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2012-31,IEICE-SITE2012-27,IEICE-ICSS2012-33,IEICE-EMM2012-23 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.126(ISEC), no.127(SITE), no.128(ICSS), no.129(EMM) 
ページ範囲 pp.159-166 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2012-07-12,IEICE-SITE-2012-07-12,IEICE-ICSS-2012-07-12,IEICE-EMM-2012-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会