お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-07-19 16:25
[招待講演]フロンティア法:BDD/ZDDを用いた高速なグラフ列挙索引化の技法
湊 真一北大/JSTIN2012-38
抄録 (和) 「論理」や「集合」を始めとする様々な離散構造を統合的に演算処理する技法を体系化し,分野横断的かつ大規模な実問題を高速に処理する技術基盤を構築することを目標として「JST ERATO湊離散構造処理系プロジェクト」が発足し,約2年9ヶ月が経過した.この間,多くの興味深い研究成果が得られ始めているが,その中でも,種々の制約条件を満たすグラフ構造をBDD/ZDDを用いて全列挙して索引化する技法(通称フロンティア法)は,Knuthが近年示したパス列挙アルゴリズムSimpathをさらに一般化したものであり,多くの実用的な問題で従来より桁違いに優れた性能を示すことから,今後の発展が大いに期待される.本講演では,この新しいグラフ列挙索引化アルゴリズムの概要を解説し、情報ネットワークに関連する応用研究についても述べる. 
(英) Discrete structure manipulation is a fundamental technique for many problems solved by computers. Recently, BDD/ZDD attracts a great deal of attention, because it efficiently manipulates basic data structures such as logic and sets. In order to organize an integrated method of algebraic operations for manipulating various types of discrete structures, and to construct standard techniques for efficiently solving large-scale and practical problems in various fields, JST started a new project: ERATO MINATO Discrete Structure Manipulation System Project on 2009 and now it is in the third year. Currently, one of the most interesting research topic of our project is ``flontier-based method,'' a very efficient BDD/ZDD-based algorithm for enumerating and indexing all the subset of a graph to satisfy various kinds of constraints. In this talk, we present overview of the flontier-based methods and recent research activities related to information network techniques.
キーワード (和) ERATO / 離散構造処理系 / BDD / ZDD / フロンティア法 / パス列挙 / グラフアルゴリズム /  
(英) ERATO / discrete structure manipulation system / BDD / ZDD / flontier-based method / path enumeration / graph algorithm /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 134, IN2012-38, pp. 31-36, 2012年7月.
資料番号 IN2012-38 
発行日 2012-07-12 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2012-38

研究会情報
研究会 IN NV  
開催期間 2012-07-19 - 2012-07-20 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 新世代・次世代ネットワーク,ネットワークとシステムの仮想化,仮想化環境の管理・監視,オーバーレイ,IPv6ネットワーク,フォトニックネットワークおよび一般 
テーマ(英) New/Next Generation Network, Network/System Virtualization, Management/Monitoring for Virtualization Environments, Overlay, IPv6 Networks, Photonic Network, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-07-IN-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フロンティア法:BDD/ZDDを用いた高速なグラフ列挙索引化の技法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Frontier-based Method: Efficient Graph Enumeration and Indexing Using BDDs/ZDDs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ERATO / ERATO  
キーワード(2)(和/英) 離散構造処理系 / discrete structure manipulation system  
キーワード(3)(和/英) BDD / BDD  
キーワード(4)(和/英) ZDD / ZDD  
キーワード(5)(和/英) フロンティア法 / flontier-based method  
キーワード(6)(和/英) パス列挙 / path enumeration  
キーワード(7)(和/英) グラフアルゴリズム / graph algorithm  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 湊 真一 / Shin-ichi Minato /
第1著者 所属(和/英) 北海道大学/JST ERATO (略称: 北大/JST)
Hokkaido University/JST (略称: Hokkaido Univ./JST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-07-19 16:25:00 
発表時間 45 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2012-38 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.134 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会