お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-07-19 13:30
画像修復を行う電子透かしモデルの性能評価 ~ 二次元イジングモデルによる画像修復 ~
川村正樹山口大)・上江洌達也奈良女子大)・岡田真人東大ISEC2012-13 SITE2012-9 ICSS2012-15 EMM2012-5
抄録 (和) 原画像とメッセージを同時に推定するスペクトル拡散型電子透かしモデルにおいて,画像に関する事前確率が二次元イジングモデルで表される場合について復号性能を評価した.劣化画像から原画像を推定する場合,画像に関する事前確率を仮定する必要がある.これまでに,無限レンジモデルの場合について,レプリカ法を用いて鞍点方程式を求め,理論的に性能評価を行ってきた.自然画像への拡張を考えると,様々な事前確率について検討する必要がある.二次元イジングモデルを用いると,領域が連続したクラスタ状の形状を表現することができる.このモデルでは,レプリカ法を適用することは難しいので,計算機シミュレーションでビット誤り率を求めた.その結果,無限レンジモデルと同様の結果を得ることができ,画像推定が良好に行われていることが確認できた. 
(英) We evaluate the decoding performance in the case that the prior probability is given by 2D Ising model in a spread spectrum watermarking model which estimates both image and messages. When an estimated image is restored from a tampered image, we need to assume some prior probability. For the infinite range model, saddle point equations have been derived by the replica theory, and then the performance has been evaluated. Natural images requires further prior probabilities. The 2D Ising model can represent cluster patterns. For this model, since the replica theory cannot be applied, we calculate bit error rate by computer simulations. In the result, results using the 2D Ising model show that the image restoration is effective to decode the messages as well as the infinite range model.
キーワード (和) 電子透かし / ベイズ推定 / 画像修復 / 二次元イジングモデル / / / /  
(英) digital watermarking / Bayes estimation / image restoration / 2D Ising model / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 129, EMM2012-5, pp. 29-34, 2012年7月.
資料番号 EMM2012-5 
発行日 2012-07-12 (ISEC, SITE, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2012-13 SITE2012-9 ICSS2012-15 EMM2012-5

研究会情報
研究会 EMM ISEC SITE ICSS IPSJ-CSEC IPSJ-SPT  
開催期間 2012-07-19 - 2012-07-20 
開催地(和) 北海道工業大学 
開催地(英)  
テーマ(和) セキュリティ, 一般 
テーマ(英) Security 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2012-07-EMM-ISEC-SITE-ICSS-CSEC-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 画像修復を行う電子透かしモデルの性能評価 
サブタイトル(和) 二次元イジングモデルによる画像修復 
タイトル(英) Performance evaluation of digital watermarking model with image restoration 
サブタイトル(英) image restoration using 2D Ising model 
キーワード(1)(和/英) 電子透かし / digital watermarking  
キーワード(2)(和/英) ベイズ推定 / Bayes estimation  
キーワード(3)(和/英) 画像修復 / image restoration  
キーワード(4)(和/英) 二次元イジングモデル / 2D Ising model  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 正樹 / Masaki Kawamura / カワムラ マサキ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上江洌 達也 / Tatsuya Uezu / ウエズ タツヤ
第2著者 所属(和/英) 奈良女子大学 (略称: 奈良女子大)
Nara Women's University (略称: Nara Women's Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 真人 / Masato Okada / オカダ マサト
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-07-19 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-ISEC2012-13,IEICE-SITE2012-9,IEICE-ICSS2012-15,IEICE-EMM2012-5 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.126(ISEC), no.127(SITE), no.128(ICSS), no.129(EMM) 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ISEC-2012-07-12,IEICE-SITE-2012-07-12,IEICE-ICSS-2012-07-12,IEICE-EMM-2012-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会