電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-07-19 10:30
BPCSステガノグラフィ法における複雑度分布を用いた複雑領域判定の閾値の再設定
原田翔平姜 錫坂本雄児北大ISEC2012-9 SITE2012-5 ICSS2012-11 EMM2012-1
抄録 (和) 本稿では,BPCSステガノグラフィ法において埋め込み後の画像の劣化度と埋め込み率それぞれの分散値を低減する手法を提案する.提案手法では,複雑度判定によって得られた複雑度とその複雑度を持つマクロブロックの個数からなる複雑度分布を用いて,複雑領域判定に使用する閾値を再設定する.その際,秘匿情報と擬似乱数との排他的論理和を求めてビット列を変化させることで,埋め込み後の画像に縦線状のノイズが生じるのを防ぐ.標準画像に対して複雑度分布を用いて閾値修正を行い,得られた新たな閾値を用いてテキストデータを埋め込み,画像の劣化度と埋め込み率それぞれの分散値の低減を確認し,提案手法の有効性を確かめた. 
(英) In this paper, we propose a technique reducing two dispersion values of a degradation level of stego images and a embedding rate in BPCS steganography technique. Threshold levels for judging complexity boundary are reevaluated by distributions of complexity which consist of complexity gained by judgment of complexity and a number of macro-blocks having its complexity. Secret information is reconstructed by the exclusive OR calculation with pseudo-random number bit by bit to avoid line noise in stego images, and then these reconstructed information is embedded into a dummy image. Experimental results about two dispersion values of a degradation level of stego images and a embedding rate have shown the validity of proposed technique.
キーワード (和) ステガノグラフィ / ビットプレーン分解 / 複雑度分布 / / / / /  
(英) Steganography / Bit-plane decomposition / Distributions of complexity / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 129, EMM2012-1, pp. 1-8, 2012年7月.
資料番号 EMM2012-1 
発行日 2012-07-12 (ISEC, SITE, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2012-9 SITE2012-5 ICSS2012-11 EMM2012-1

研究会情報
研究会 EMM ISEC SITE ICSS IPSJ-CSEC IPSJ-SPT  
開催期間 2012-07-19 - 2012-07-20 
開催地(和) 北海道工業大学 
開催地(英)  
テーマ(和) セキュリティ, 一般 
テーマ(英) Security 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2012-07-EMM-ISEC-SITE-ICSS-CSEC-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) BPCSステガノグラフィ法における複雑度分布を用いた複雑領域判定の閾値の再設定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reevaluation of Threshold Levels for Judging Complexity Boundary Using Distributions of Complexity in BPCS Steganography Technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ステガノグラフィ / Steganography  
キーワード(2)(和/英) ビットプレーン分解 / Bit-plane decomposition  
キーワード(3)(和/英) 複雑度分布 / Distributions of complexity  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 翔平 / Syouhei Harada / ハラダ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 姜 錫 / Seok Kang / カン ソク
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 雄児 / Yuji Sakamoto / サカモト ユウジ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-07-19 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-ISEC2012-9,IEICE-SITE2012-5,IEICE-ICSS2012-11,IEICE-EMM2012-1 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.126(ISEC), no.127(SITE), no.128(ICSS), no.129(EMM) 
ページ範囲 pp.1-8 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2012-07-12,IEICE-SITE-2012-07-12,IEICE-ICSS-2012-07-12,IEICE-EMM-2012-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会