お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-07-13 10:00
無線LANシステムにおける基地局連携受付制御・チャネル選択のゲーム理論的解析
花田光平山本高至京大)・石原浩一工藤理一NTT)・守倉正博京大AN2012-15
抄録 (和) 著者らは,これまでに3つのAPが形成するセルがオーバラップし,各APが40 MHz,80 MHz,160 MHzとチャネル間隔が異なる複数のチャネルから,いずれかのチャネルを選択する状況において,そのうち2つのAPを集中制御して,高い総スループットが得られるようにチャネル及びチャネル間隔を選択する際のスループットの変化を戦略形ゲームとして定式化した.ナッシュ均衡点におけるスループットを解析した結果,集中制御下にあるAPのナッシュ均衡点におけるスループットが集中制御を行わない場合に対し最大で80%上昇することを示した.本稿では,チャネルが選択可能なことに加え,集中制御された複数のAPのどちらにも端末が接続できる際に,どのAPが受け付ければ集中制御されたAP群の総スループットが高くなるかを評価する.各APが使用するチャネル及びチャネル間隔に加え,端末数を選択する際のスループットの変化を戦略形ゲームとして定式化した.これにより,チャネルのみを選択可能な場合と比べ,端末数を選択できる場合に連携動作する2つのAPの総スループットの最大値が向上することを示す. 
(英) We assumed the following simple scenario; there are three APs, where the cells of all the APs completely overlap and each AP can select multibandwidth channels. In this scenario, a centralized controller coordinates two APs, which jointly select multibandwidth channels. Through game-theoretic analysis, it can be clarified that the coordinated APs are able to select channels more effectively than if each AP independently selects channels. As a results of analyzing the total throughput of the coordinated APs at Nash equilibria, it is improved by at most 80%. In this paper, we assume that the coordinated APs can not only jointly select multibandwidth channels, but also jointly decide the number of stations which each AP admits. Game-theoretic analysis clarifies that the maximum value of the total throughput of the coordinated APs increases by considering the admission control.
キーワード (和) ゲーム理論 / 無線LAN / 帯域割当 / IEEE 802.11ac / OBSS / / /  
(英) Game theory / wireless LAN / channel assignment / IEEE 802.11ac / OBSS / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 122, AN2012-15, pp. 1-6, 2012年7月.
資料番号 AN2012-15 
発行日 2012-07-06 (AN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AN2012-15

研究会情報
研究会 AN  
開催期間 2012-07-13 - 2012-07-13 
開催地(和) 岩手県立大アイーナキャンパス 
開催地(英) Iwate Prefectural University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AN 
会議コード 2012-07-AN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LANシステムにおける基地局連携受付制御・チャネル選択のゲーム理論的解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Game-theoretic Analysis for Admission Control and Channel Selection by Coordinated APs in Wireless LAN Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ゲーム理論 / Game theory  
キーワード(2)(和/英) 無線LAN / wireless LAN  
キーワード(3)(和/英) 帯域割当 / channel assignment  
キーワード(4)(和/英) IEEE 802.11ac / IEEE 802.11ac  
キーワード(5)(和/英) OBSS / OBSS  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 花田 光平 / Kohei Hanada / ハナダ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 高至 / Koji Yamamoto / ヤマモト コウジ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 浩一 / Koichi Ishihara / イシハラ コウイチ
第3著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 理一 / Riichi Kudo / クドウ リイチ
第4著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 守倉 正博 / Masahiro Morikura / モリクラ マサヒロ
第5著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-07-13 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AN 
資料番号 IEICE-AN2012-15 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.122 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AN-2012-07-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会