電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-07-12 11:00
地理的・社会的関係性に基づいたサービストリガ検出手法の検討
西尾理志新熊亮一京大)・Francesco De PellegriniCREATE-NET)・笠井裕之電通大)・山口和泰神戸デジタル・ラボ)・高橋達郎京大CQ2012-17
抄録 (和) クラウド技術やスマートフォンOSの発展により,多種多様なネットワークサービスが登場した.
しかし,ユーザにとって,その中から自身のコンテキストに適したものを選ぶことは困難である.
本研究では,ネットワークサービスに対し意味のあるコンテキスト変化を検出する方法を検討する.
このコンテキスト変化は,ネットワークサービスを実行するトリガとして使うことができる.
提案手法では,人々や店,レストラン,イベントなどの社会的オブジェクト間の社会的関係性および地理的位置関係性をグラフを用いて表現し,
そのグラフの変化から,コンテキスト変化を検知し,サービスのトリガとして検出する.
提案手法の利点は,前もって参照モデルを構築することが不要であることと,あらゆる種類の社会的オブジェクトを一元的に取り扱うことができることである.
シナリオに基づくシミュレーションで,有効性について検証する. 
(英) Context awareness is believed to be a key enabler for the new network service paradigm brought by cloud computing platforms and smartphone OSs.
This work focuses on the core problem of how to detect changes of context for network services.
Detection of such changes can trigger timely system reconfigurations.
In this paper, we propose a trigger detection mechanism based on a mixed representation model that encodes geographical and social relationships among people and other social objects
by using a graph.
When a significant change in the graph occurs, our mechanism detects a trigger.
It accounts for the fact that a geographical relationship among objects socially connected with each other significantly changes.
The main benefits of our method are that 1) it does not require building reference models in advance, and 2) it can deal with different kinds of social objects uniformly once the graph is defined.
We evaluate the performance of our method by a computer simulation.
キーワード (和) 社会的関係性 / 地理的関係性 / コンテキストアウェアネス / / / / /  
(英) social closeness / geographical adjacency / geographical relation graph / context awareness / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 119, CQ2012-17, pp. 1-4, 2012年7月.
資料番号 CQ2012-17 
発行日 2012-07-05 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2012-17

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2012-07-12 - 2012-07-13 
開催地(和) 愛媛大学 
開催地(英) Ehime Univ. 
テーマ(和) 映像/音声サービスの品質,メディア品質,ネットワークの品質・QoS制御,次世代/新世代ネットワークアーキテクチャ,超臨場感コミュニケーション,信頼性,一般 
テーマ(英) Audio and video quality, Media quality, Quality control of networks, Architecture of next generation/future networks, Ultra realistic communication, Reliability, general fields 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2012-07-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地理的・社会的関係性に基づいたサービストリガ検出手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Service Trigger Detection Mechanism Based on Geographical and Social Relations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 社会的関係性 / social closeness  
キーワード(2)(和/英) 地理的関係性 / geographical adjacency  
キーワード(3)(和/英) コンテキストアウェアネス / geographical relation graph  
キーワード(4)(和/英) / context awareness  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 理志 / Takayuki Nishio / ニシオ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新熊 亮一 / Ryoichi Shinkuma / シンクマ リョウイチ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Francesco De Pellegrini / Francesco De Pellegrini / フランチェスコ デ ペッレグリニ
第3著者 所属(和/英) CREATE-NET (略称: CREATE-NET)
CREATE-NET (略称: CREATE-NET)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠井 裕之 / Hiroyuki Kasai / カサイ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 和泰 / Kazuhiro Yamaguchi / ヤマグチ カズヒロ
第5著者 所属(和/英) 株式会社 神戸デジタルラボ (略称: 神戸デジタル・ラボ)
Kobe Digital Labo.,Inc. (略称: KDL)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 達郎 / Tatsuro Takahashi / タカハシ タツロウ
第6著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-07-12 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2012-17 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.119 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CQ-2012-07-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会