お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-07-12 14:30
一般化された多次元品質空間におけるフラクタル構造の情報解析 ~ 局所的フラクタル次元を用いた品質管理 ~
松本教久三武情報ビジネス)・○上條賢一東洋大CQ2012-23
抄録 (和) コミュニケーション・クオリティに関する複数の品質特性を、数学的に一般化して同時に取り扱う手法を提案した。即ち、多次元品質空間を構成し、そのフラクタル的情報構造の時間的変化を議論する。n次元空間におけるランダムな時系列や離散力学系軌道をある種の品質時系列として見立て、その軌道上に有限の短い処理ユニットをのせ、局所的フラクタル次元(LFD)を計測する。処理ユニットを順次進行方向にスライドさせて得られる移動LFDを用いて、複数品質におけるフラクタル的情報構造の変化を同時に評価できる。本論文では、品質計測のためのランダム・サンプリング時における移動LFDの分布が正規分布になることを示した。また離散力学系の例として、各座標値がロジスティックに時間発展する時系列を取り上げ、カオス的な変動を与えるコントロール・パラメタの限定的な範囲では、移動LFDの確率分布が概ね正規分布になることを、コンピュータ・シミュレーションにより明らかにした。このことは完全なランダム・サンプリングが保証できなくても、平常時における当該品質の変化パターンに関するLFDの存在範囲が予め推定できていれば、品質異常の前兆現象を検出できる可能性を示唆しており、統計的品質管理の一方法として幅広い応用が期待できる。 
(英) Information analysis for multi-quality properties has been proposed in the field of communication quality by using a generalized mathematical procedure. That is, multi-quality space can be composed, and then time changes of the fractal information structure can be discussed. The time series or discrete dynamical orbits are considered as a quality time series, and the local fractal dimension (LFD) can be measured in the finite short unit on the orbit. By sliding the unit along the line of the orbit, the fractal information changes can be evaluated at the same time. In this paper, it is shown that the distribution of the moving LFD in random sampling is a normal distribution. And the distributions of the moving LFD in a logistic orbit are also normal distributions, in the restricted range of the control parameter when the logistic mapping was carried out based on computer simulation. An abnormal quality situation may be detected if the range of the LFD can be estimated in the normal situation. The proposed method can be applied to various fields in statistical quality control, including communication quality.
キーワード (和) 局所的フラクタル次元 / ランダム・サンプリング / ロジスティック時間発展 / 統計的品質管理 / / / /  
(英) local fractal dimension / random sampling / logistic time development / statistical quality control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 119, CQ2012-23, pp. 35-40, 2012年7月.
資料番号 CQ2012-23 
発行日 2012-07-05 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2012-23

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2012-07-12 - 2012-07-13 
開催地(和) 愛媛大学 
開催地(英) Ehime Univ. 
テーマ(和) 映像/音声サービスの品質,メディア品質,ネットワークの品質・QoS制御,次世代/新世代ネットワークアーキテクチャ,超臨場感コミュニケーション,信頼性,一般 
テーマ(英) Audio and video quality, Media quality, Quality control of networks, Architecture of next generation/future networks, Ultra realistic communication, Reliability, general fields 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2012-07-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 一般化された多次元品質空間におけるフラクタル構造の情報解析 
サブタイトル(和) 局所的フラクタル次元を用いた品質管理 
タイトル(英) Information Analysis for Fractal Structure in Generalized Multi-Dimensional Quality Space 
サブタイトル(英) Quality Control Using Local Fractal Dimension 
キーワード(1)(和/英) 局所的フラクタル次元 / local fractal dimension  
キーワード(2)(和/英) ランダム・サンプリング / random sampling  
キーワード(3)(和/英) ロジスティック時間発展 / logistic time development  
キーワード(4)(和/英) 統計的品質管理 / statistical quality control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 教久 / Norihisa Matsumoto / マツモト ノリヒサ
第1著者 所属(和/英) 三武情報ビジネス株式会社 (略称: 三武情報ビジネス)
Mitake Information Business Co. , Ltd (略称: Mitake Information)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上條 賢一 / Kenichi Kamijo / カミジョウ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-07-12 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2012-23 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.119 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2012-07-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会